あの頃、君を追いかけた (2018)

あの頃、君を追いかけた (2018)

2018年製作 日本 114分 2018年10月5日上映
rating 4 4
2 1

『あの頃、君を追いかけた (2018)』とは

2011年、ギデンズ・コーの自伝的小説を実写映画化し、ほぼ無名のキャストにも関わらず台湾で大ヒットを記録した『あの頃、君を追いかけた』。2018年、舞台を日本に移し、「HiGH&LOW」シリーズを始め、数々の映画やドラマに出演し高い評価を受けている山田裕貴、「乃木坂46」の齋藤飛鳥が主演を務め再び映画化した。 監督は、脚本家として『聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実』、『二度めの夏、二度と会えない君』など数多くの作品に携わる長谷川康夫。

『あの頃、君を追いかけた (2018)』のあらすじ

ある地方都市にある高校。クラスの友人達と馬鹿なことばかりしながら気楽で楽しい高校生活を送っていた水島浩介。ある日、いつもの悪ふざけのつもりが度を越してしまい、授業が中断する。 それに激怒した教師によってクラスの優等生、早瀬真愛が浩介のお目付け役として任命される。初めは真面目で融通の利かない真愛を疎ましく感じる浩介だったが、実は彼女は浩介と友達4人にとって中学時代からの憧れの存在だった。浩介と仲間たち、そして真愛は、ともに勉強したり遊びに出かけたり恋をしたりと充実した高校生活を送るが……。

『あの頃、君を追いかけた (2018)』のスタッフ・キャスト

『あの頃、君を追いかけた (2018)』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『あの頃、君を追いかけた (2018)』に関連する作品