ゴルゴ13 (1973)

1973年 日本 104分
rating 2 2
1 0

「ゴルゴ13 (1973)」のスタッフ・キャスト

「ゴルゴ13 (1973)」の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 2 10月16日

    事件の黒幕の暗殺を命じられたゴルゴ13ことデューク・東郷。襲いかかる敵にゴルゴは不屈の精神で立ち向かう。 東映で高倉健が主演した全編イランロケという超異色作。wikiの「製作・公開」項に書かれたエピソードがこの映画で一番面白い話かもしれません。突飛なのはその製作だけで、映画としては凡作またはそれ以下に思います。固めスパイ映画を狙った映画ですが、そもそも高倉健以外が全員イラン人でみんな日本人吹き替えという時点でかなりおかしい。高倉健は普通に日本語喋っているのに。アニメ「ルパン三世」の違和感が実写で増幅されています。 明らかにヒロインが邪魔。依頼側の監視役としてゴルゴの仕事に付き添い、時には体を許す女。本当の本当に何の役にも立っていません。びっくりです。ラストまでびっくり。この映画のトンチンカンさが最も如実に出ています。BGMが全部東映の任侠映画風というのもトンチンカン。イラン人がみんな同じ顔で同じヒゲなのもトンチンカン。唯一ぴったりなのが高倉健=ゴルゴというところでしょう。高倉健がムスっとしていなければ、星は2もいかなかったんじゃないかな。 ラストは「歩いて帰るんか〜〜い!」と突っ込むこと間違いなし。今ならamazonプライムで観られるレア映画です。ぜひ。

「ゴルゴ13 (1973)」に関連する作品