劇場版 マジンガーZ INFINITY

劇場版 マジンガーZ INFINITY

2018年製作 日本 95分 2018年1月13日上映
rating 3.3 3.3
4 0

『劇場版 マジンガーZ INFINITY』のスタッフ・キャスト

『劇場版 マジンガーZ INFINITY』の感想・評価・ネタバレ

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 3 2018年1月26日

    永井豪原作の往年の大ヒットTVアニメのその後を描く劇場版アニメーション。 かつて悪の天才科学者Dr.ヘルの恐るべき野望によって滅亡の危機に瀕した人類だったが、 スーパーロボット“マジンガーZ”とそれを操る兜甲児の活躍で辛うじて再び平和を取り戻していた。 それから10年後から話が始まる。 グレートマジンガーが出るのは知らなかった! 声の出演で兜甲児を言わずと知れた初代と同じ石丸博也だと思ってたけど、 声の出演に関しては一新していたのはとても残念。 石丸博也は統合軍司令の声で出演してました。 オープニングで水木一郎が歌う「マジンガーZ」は上がります。 主人公の兜甲児やヒロインの弓さやか、 ボスなどおなじみのメンバーが10年の歳をとった姿で登場します。 しかし敵キャラクターのDr.ヘル、 あしゅら男爵、 ブロッケン伯爵はそのまんまでした。 本作の唯一のオリジナルキャラクターのリサは、 どう見ても「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイでしたね。 総出演の機械獣軍団とのバトルでは、 マジンガーZは昔と同じ技名を叫びながら必殺技を放し、 必殺技が惜しげもなく繰り出される展開は一番の見所でした。 「マジンガーZ」を知らない世代にはどう見えるのかな?

  • 錆犬

    2018/01/20 TOHOシネマズ赤池

  • amazon02
    amazon02 2 2018年1月14日

    ぐりぐりよく動く、21世紀のマジンガーZ、みんなキミを待っていた!技や武器の名前を叫んでぶっ放せ! …だけれども、うーん。 マジンガールズ、要る?(おかずクラブ起用は何のバーター⁇) Zのタイトルはマジンガー?ドラ○ンボール? Dr.ヘル復活の背景は? マジンガーが、いわゆるリアルロボット路線の文脈で縛られるような事は望まないし、かといって半世紀近く前のお子様向けのストーリテリングのまま、解像度だけ向上したアニメを劇場にかける筈はない。 じゃあどうなる?の答えを、この作品はリアルロボットものとスーパーロボットものの入れ子構造で提示した。 光子力を巡る舞台背景をリアル路線で、メカや機械獣の戦闘はスーパーロボット路線で処理している。だから狂言回しとして両方に登場機会の多いキャラクター達は、どうしても言動の振れ幅が大きく、兜甲児、弓さやか、リサの主要3キャストは特にその傾向が顕著で、観ているこちらは居心地が悪い。 ストーリーも、直近のリブートマンガ「マジンガーZERO」と近似の量子宇宙論的な展開が、物語後半かなり乱暴に力押しで展開される。映画の前半と全くストーリーベースのトーンが変わってしまい、今回95分で公開されたものの、実は140分位の完全版があるんじゃないかと思いたくなるほど、状況説明をセリフの洪水で押しまくってくるのだ。 有り体な言い方をするなら、もっともっと上手くまとめて欲しかった。 どれだけ無尽蔵にミサイル撃てるんだとか、衝撃でパイロットは脳震盪だろ、とか野暮なことは言わない。 そのかわり、現実に寄せようとした舞台設定と、明らかなスパロボ演出のもう少し高いレベルでの融合を観せて欲しかったと思うのである。 初日、初回上映。 終劇後、灯りがつくと、ほとんど私と同じかそれ以上の、半世紀前の少年達でかなりの席が埋め尽くされていた。 TOHOシネマズベイシティ 2018.01.13

『劇場版 マジンガーZ INFINITY』に関連する作品