ギャングース
上映中

『ギャングース』とは

社会に居場所を見出せず、窃盗に手を染め裏社会で生きる非行少年らの実態を描いた長編映画。原作は未成年犯罪者への取材から生まれた、ルポライター鈴木大介による人気コミック『ギャングース』。 『22年目の告白 私が殺人犯です』『ジョーカー・ゲーム』など、多くのヒット映画を手掛けてきた入江悠が監督を務めた。『虹色デイズ』の高杉真宙、『火花』の加藤諒、『大人ドロップ』の渡辺大知など、話題の人気俳優がメインキャストとして起用されている。

『ギャングース』のあらすじ

親から虐待を受けて育ち、学校に通うことなく青春時代のほとんどを少年院で過ごした経験を持つサイケ、カズキ、タケオ。未成年犯罪者となった彼らに社会は見向きもせず、当然の如く3人はそんな社会に居場所を見出せずにいた。 3人は窃盗や強盗に手を染めるようになるが、その標的は悪事で儲けた金だけ。裏社会では3人のような窃盗犯のことを「タタキ」と呼んでいた。彼らを見放した社会は「暴力団排除」を声高に主張するようになり、それに伴い裏社会のヒエラルキー構造は変化し始める。3人は「再起をかけた闘い」と称して、これまで以上に危険な領域に足を踏み入れていく。

『ギャングース』のスタッフ・キャスト

『ギャングース』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ギャングース』に関連する作品