食べる女

食べる女

2018年製作 日本 104分 2018年9月21日上映
rating 3.6 3.6
8 4

『食べる女』とは

年齢や職業、価値観などが異なる様々な女性たちが織りなす“食”と“性”の物語。原作は、筒井ともみの小説『食べる女』と『続・食べる女』である。 雑文筆家であり、古書店を営む主人公・餅月敦子を演じるのは小泉今日子、そして彼女の家に集まる女たちを演じるのは、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト、フォックス、鈴木京香ら豪華女優陣である。本作でメガホンを取るのは、『余命』や東野圭吾の小説を実写化した映画『手紙』などを手掛けた生野慈朗である。

『食べる女』のあらすじ

東京のとある所に通称“モチの家”と呼ばれる日本家屋がある。その家には、雑文筆家で古書店を営む敦子という名前の女性が暮らしていた。彼女はおいしい料理を作って、様々な事情を抱える女性たちを迎え入れる。 男を寄せ付けない書籍編集者、いけない魅力を放つごはん屋の女将、2児の母であり夫と別居中のパーツモデル、ぬるい彼に物足りなさを感じるドラマ制作会社のAP、男に迫られると断り切れないセレクトショップ店員、“料理が出来ない”という理由で夫に出ていかれた主婦、BARの手伝いをする愛にタフな女。今日も彼女たちは、自らの日常から開放され、心と体を満たすおいしく楽しい宴を始める。

『食べる女』のスタッフ・キャスト

『食べる女』の感想・評価・ネタバレ

『食べる女』に関連する作品