生きてるだけで、愛。
上映中

生きてるだけで、愛。

2018年製作 日本 109分 2018年11月9日上映
rating 3.7 3.7
4 3

『生きてるだけで、愛。』とは

『乱暴と待機』、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』などの原作で知られている芥川賞作家の本谷有希子の小説を原作に、AKB48やMr.Childrenなどのミュージックビデオを手掛けたことで知られる関根光才が自身初の長編映画作品として監督を務めたラブストーリー。様々な問題と大いなる孤独を抱える女と、人と本気でぶつかることができない男の不器用な愛の形を描く。 主人公の寧子を『勝手にふるえてろ』などの出演で知られる趣里が演じ、相手役の津奈木を菅田将暉、寧子のライバル役の安堂を仲里依紗が演じる。

『生きてるだけで、愛。』のあらすじ

職もなく、家に引きこもりがちで過眠症の寧子は、恋人である雑誌編集者の津奈木とともに彼のアパートで暮らしていた。寧子は自分自身の感情をうまく制御できない自己嫌悪から、津奈木に八つ当たりし、そんな自分にきちんと向き合おうとしない津奈木に対して腹を立てる毎日を送っていた。 ある日、安堂という女が寧子の前に現れる。安堂は津奈木の元恋人で、津奈木との復縁を望んでいた。何とかして寧子と津奈木の仲を裂きたい安堂は、寧子の津奈木に対する依存を断ち切って自立させ、寧子に津奈木の部屋を出ていかせるために強引にカフェバーでのアルバイトを寧子に始めさせる。無理やりではあるが無職状態から抜け出した寧子は、少しずつアルバイト先の仲間たちと打ち解け始めるが、あることがきっかけでお店から逃げ出してしまい……。

『生きてるだけで、愛。』のスタッフ・キャスト

『生きてるだけで、愛。』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『生きてるだけで、愛。』に関連する作品