愛しのアイリーン

愛しのアイリーン

2018年製作 日本 137分 2018年9月14日上映
rating 3.1 3.1
11 1

『愛しのアイリーン』とは

中年になるまで恋を知らなかった男性がフィリピン人の妻を連れて帰郷し、彼らの国際結婚によって農村の抱えている問題が明るみに出るという物語。原作は新井英樹の同名漫画で、今回監督を務めた吉田恵輔は「最も影響を受けた漫画」と公言している。 42歳になるまで独身だった男性・岩男役には『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』に出演した安田顕が、彼の花嫁アイリーン役にはフィリピン人オーディションでヒロイン役を射止めた新星ナッツ・シトイが起用された。彼らの他には伊勢谷友介と木野花らが出演し、映画を盛り上げる。

『愛しのアイリーン』のあらすじ

恋愛をしたことがなかった42歳の岩男が、久しぶりに寂れた貧しい故郷に帰省すると、他界すら知らされていなかった父親の葬儀の真っ最中だった。農家の長男として育ち、現在はパチンコ店に勤めている彼は、フィリピンで買った花嫁アイリーンを連れていた。2人の姿を見た参列者たちは動揺を隠せずざわつき始める。 無邪気にはしゃいで岩男に纏わりつくアイリーンだったが、岩男を溺愛している母親ツルが喪服を身にまとったままライフルを構えて立ち上がる……。文化も言葉も全く異なる世界に放り込まれる形になったアイリーンは、どのようにしてこの村で生きていくのだろうか。

『愛しのアイリーン』のスタッフ・キャスト

『愛しのアイリーン』の感想・評価・ネタバレ

  • Yuzukappa
    Yuzukappa 1 4月14日

    サスペンスがなく、、物語の推進力を感じなかった、、。 アイリーンにそこまでの魅力を感じられなかったことも大きい。

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 4月4日

    実家暮らしの42歳独身パチンコ屋勤務の男がヤケになりフィリピンで婚約者を探して、適当に決めたアイリーンという女と結婚する。 とても相性の良い吉田恵輔監督作。映画の様子が中盤でガラッと変化する技は『ヒメアノ〜ル』で確立された妙義だが、本作でもそれは発揮。「ダメ男が連れてきたアイリーンが日本の田舎で大騒ぎ!彼女は村の人たちと仲良くなれるのか?」というツラした映画が、一転。中盤で血が流れてから岩男が完全に覚醒してしまうのだ。過激な性的・暴力描写も一気に溢れ出し、映画は全く違った趣へと展開していく。一切の先読みを許さない見事な映画である。 吉田恵輔の長編処女作『メリちん』と舞台が酷似している。お寺は本作でも何度も登場するが、吉田恵輔は幼い頃にお寺で何かあったのだろうか。

  • 錆犬

    2018/09/18 伏見ミリオン座

『愛しのアイリーン』に関連する作品