さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物

さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物

Desperate Man Blues
2003年製作 オーストラリア 52分 2018年4月21日上映
rating 0 -
1 2

『さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物』のスタッフ・キャスト

『さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物』の感想・評価・ネタバレ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2019年12月1日

    レコード掘り旅はアメリカのルーツ文化遺産発掘旅だった。リアリティ番組によくある、誰かのガレージで眠る貴重な名車だったり骨董品を蘇らせるお宝ハンターを思い出す。レコード・コレクターのジョーさんが発掘するのは、20世紀初頭に録音されたブルースやブルーグラスだ。それらのレコードは商業目的というより、各地で名ミュージシャンの名演奏を記録したもので、今では二度と再現できない音。そしてアメリカ大衆文化を担ったマイノリティによるもの。世界各地の民族音楽同様、そういった遺産は収集保存されにくい。その音楽にどっぷり浸かって育ったジョーさんのゴキゲンな耳と情熱が、博物館のようなレコード棚を作り上げてきたのだった。 そんなジョーさんの語るロック(及び現代ポップ・ミュージック)批判が言わんとするところはよくわかる。けれどそれこそがR&Rだし、その中にも薄く濃く残されるルーツ音楽の地図があって、遡ればジョーさんのコレクションに辿り着く。個人的には、古いブルーグラスをこの中で聴けてよかったな。 ところで、ジョーさん自身の声がまるでブルースシンガーみたいにイイ声で、見た目含めてJKシモンズ風。豪快に葉巻を咥えた流れ者の風情も漂う。インデックスも付いてない棚から探しもせずサッと目的のレコードを取り出すのがすごいっす。

『さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物』に関連する作品