教誨師

教誨師

2018年製作 日本 114分 2018年10月6日上映
rating 2.5 2.5
3 1

『教誨師』とは

名バイプレイヤーとして数々のテレビドラマや映画に出演し、2018年2月に急逝した大杉漣の最初にして最後のプロデュース作。大杉漣本人が主演を務め、刑務所で死刑囚と対話する教誨師を演じた。 彼と対話する6人の死刑囚役を、『モリのいる場所』の光石研、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の烏丸せつこ、『勝手にふるえてろ』の古舘寛治、『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』の五頭岳夫、小川登、玉置玲央が務めた。監督・脚本は『ランニング・オン・エンプティ』の佐向大。

『教誨師』のあらすじ

教誨師とは受刑者と向き合い対話する中で、彼らの道徳心の育成や心の救済などの手助けを行い、改心できるよう導いていく者たちのこと。死刑囚専門の教誨師である佐伯もまた、死刑囚たちと日夜顔を合わせ、彼らの良き理解者かつ話相手としての役割を担っていた。 佐伯は独房で孤独に過ごす死刑囚たちに寄り添い関わるうちに、彼らの心に自分の言葉はきちんと響いているのか、死刑囚が安らかに死ねるよう導くのは本当に正しいことなのか悩むようになる。そんな葛藤の日々の中、佐伯自身もまた自分の忘れたい過去から逃げず向き合っていく。

『教誨師』のスタッフ・キャスト

『教誨師』の感想・評価・ネタバレ

『教誨師』に関連する作品