ファミリー☆ウォーズ

ファミリー☆ウォーズ

2018年製作 日本 2018年8月25日上映
rating 3.5 3.5
2 0

『ファミリー☆ウォーズ』とは

『ハングマンズノット』でカナザワ映画祭2017「期待の新人監督」グランプリを受賞した阪元裕吾が監督を務めたバイオレンス映画。実際に起こった事件から着想を得て製作された。幸せに暮らしていたある一家が、認知症を患った祖父が起こした交通事故によってバラバラになっていく様と、周りの人々との殺し合いを描く。 主演はアイドルグループ・月蝕GISELLe21の土許麻衣が務める。本作は夏のホラー秘宝祭り2018にてプレミア上映される。

『ファミリー☆ウォーズ』のあらすじ

福島家は祖父、父親、母親、長女、次女、長男、次男の7人家族。傍目から見ても仲の良い家族で、幸せに暮らしていた。 そんなある日、福島家に事件が起こる。祖父の伸介が認知症を患い、交通事故を起こして子供を轢き殺してしまうのだ。そのうえ、伸介は轢き殺した子供の死体を家に持って帰ってきてしまう。福島家の一同は伸介に餅を食べさせて殺そうとするが、なかなかうまくことが運ばない。はじめは一家総出で伸介を殺そうとしていた福島家だったが、それは家族同士の殺し合いへと発展し、やがて周りの人をも巻き込み家族はバラバラに崩壊していく。

『ファミリー☆ウォーズ』のスタッフ・キャスト

『ファミリー☆ウォーズ』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 2 2019年3月6日

    仲良し一家のおじいちゃんが認知症を患い、子供を轢き殺して持って帰ってきちゃった。家族はおじいちゃんに餅を食わせて殺そうとする。 2018年に話題を攫ったインディーズ映画。小林勇貴監督も少し関わっているとかいないとか。映画は僕たちがジャーマンゴアとかその辺りに求めている勢いであり、決して邦画から得ようと思わない勢いがあります。ほんの少しでいい塩を大量に入れたラーメンのよう。昨今、働き方改革によって、まずは従業員の幸せが重要視されています。映画もそうなのかもしれない。まずは撮ってる人、演じている人が超楽しまなきゃ。そういう意味では本作の関係者はとにかくめちゃくちゃ楽しそうです。その様子を観て穏やかな気分になる日曜の朝でした。僕はこういう映画が大好きです。どんどん撮られていくべきだし、どんどん観ていきたい!いえーい!最高だぜ!(星は2)

『ファミリー☆ウォーズ』に関連する作品