ワイルド・スピード/スーパーコンボ
ワイルド・スピード/スーパーコンボ
Hobbs and Shaw
2019年製作 アメリカ 2019年8月2日上映
rating 3.9 3.9
10 5

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 10日前

    体内にウイルスを仕込んだ女の兄はあのデッカード・ショウ。彼女を救うミッションでコンビを組むことになったのは犬猿の仲であるルーク・ホブスだった。 ここまで諦めている映画もないのではないか。直前に『マトリックス』を4dxで鑑賞したばかりだったのももちろんあるだろうが、アクションに目新しさは皆無であり、これは20年前から全く進歩していない。カーアクションもジェイソン・ステイサムの出世作『トランスポーター』シリーズから何も進展がないし、そもそもこの手のアクションはトム・クルーズ『MI』シリーズで進化させ続けている。そもそも体内にウイルスが仕込まれた…、って『MI2』で既出だし。そんな映画だが、しかし鑑賞できないことはない。むしろ楽しい上に、映画館で観てよかったとすら思った。そこにこの映画の大きなポイントがあり、これだけ流行る理由があるのだと思う。他のレビューでも指摘があるが、CPに徹底がある。つまり人が全く死なないのだ。劇中でも死なず、さらに観ている側も傷つけない。ただ筋骨隆々のハゲが大いに駆け回る。もうこれでいい。いつもの居酒屋でいつものビールを頼むのと似ている。映画もオマージュというかキュレーションの意味合いが強い。クライマックスなどもろ西部劇だ。

  • S_Kyawai
    S_Kyawai 3 8月17日

    なんか違う…と思ったらヴィン・ディーゼルがいないのか! スピンオフって位置付けなのね。 前作までの復習もせず観てしまった、、、 がしかし、充実のカーアクションはこれぞワイルドスピード!って感じ。 久しぶりに映画で爽快感を楽しめました。 終盤のヘリとの攻防シーンがなかなか好き\(^-^)/ ジェイソン・ステイサムがスーツ着てスポーツカーって画はトランスポーターとごっちゃになるんだけどねぇ(^^;

  • amazon02
    amazon02 4 8月5日

    とにかく何も考えずに80年代ばりのバディアクションムービーが楽しめる。違うのは昨今の厳しいレイティングチェックを通す為にエログロシーンは皆無。主人公達は悪人をやっつけるけど殺さない、模範的なプログラムピクチャーとしての作り込み。そしてワイスピを名乗る為に不可欠な「家族愛」。 何もかも対照的なホブスとショウの組み合わせ、(とはいえ一方でよく似ているとも感じられる編集はさすが)地球全土にパンデミックを起こすための細菌兵器と、それを手に入れようと狙う謎の組織。ショウとの因縁浅からぬサイボーグ化された旧友と実の妹が登場し、ホブスには25年も会っていないサモアの家族が用意されている。 何が凄いって、これらのガジェットは全てアクションの為の装置としてしか機能しない事。最新のマクラーレンですら、トランスフォーマーの駆動音をさせながら、ありえない挙動をする次世代バイクにやられる一方で、サモアの伝統武器(木製)や、すでに原形をとどめない50年代のサビだらけアメ車達が最新兵器を追い詰めたり。とにかくシーンごとのアクションの主張が、完全にカロリー過多のthat'sエンターテイメントなのである。 ワイスピを知らなくても充分楽しめる割り切りの良さも、制作中に色々報道された件が無関係とは思えないが、それでも一見さんへの敷居の低さは、最近のシリーズ、ユニバース系ムービーへの一つの事例として評価したいポイントだった。 個人的にはショウの妹、ハッティ役のバネッサ カービー(「M:I5フォールアウト」で一目惚れ)がこれでもかと活躍してくれただけで満足。美人+強い+感情をあまり表さないクールさがなんとも言えない。今後も映画でたくさん見たい女優さんである。 2019.08.04 TOHOシネマズベイシティ

  • Kaori Taquigawa
    Kaori Taquigawa 4 8月4日

    なんかいろいろ言うより、カコイイ!テンション上がる!シビれる!っていう感想がいちばんぴったりな気がする。スピンオフもやっぱり“ファミリー”の話だな〜、と。 わたしはどちらかといえばショウ派です。