1987、ある闘いの真実

1987、ある闘いの真実

1987: When the Day Comes
2017年製作 韓国 129分 2018年9月8日上映
rating 4.3 4.3
4 1

『1987、ある闘いの真実』とは

韓国で高い評価を受けた『ファイ 悪魔に育てられた少年』で知られるチャン・ジュナン監督の社会派ドラマ映画。百想芸術大賞において4部門の受賞を果たした。1987年に実際に起きた韓国民主化闘争について描く。警察の取り調べ中に一人の大学生が殺害されたことから、国民の不満が爆発し、国民と国の闘いが始まる。 実話に基づいているため、当時の資料を元に綿密な研究が行われ、最大限に事実に近づく努力がなされた。出演は『チェイサー』で知られるキム・ユンソク、『ノーボーイズ、ノークライ』のハ・ジョンウ、『タクシー運転手 約束は海を越えて』のユ・ヘジン。

『1987、ある闘いの真実』のあらすじ

1987年1月、ソウル大学の学生が警察の尋問の最中に死亡するという事件が起こる。ソウル地検公安部長のチェ検事は、南営洞警察のパク所長から遺体の火葬を命じられるが、これを拒否して死亡解剖を行うよう指示する。 その結果、死因は拷問によるものと明らかになるが、政府は真実を公表することを拒否。取り調べを担当した刑事2人を逮捕するだけで事件をなかったものにしようとしていた。新聞記者や刑務所の看守らはこれに抵抗し、国民に事実を知らしめようとする。殺害された大学生の仲間も協力し、韓国は巨大な民主化闘争が始まる。

『1987、ある闘いの真実』のスタッフ・キャスト

『1987、ある闘いの真実』の感想・評価・ネタバレ

『1987、ある闘いの真実』に関連する作品