母さんがどんなに僕を嫌いでも

母さんがどんなに僕を嫌いでも

2018年製作 日本 104分 2018年11月16日上映
rating 3.5 3.5
1 3

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』とは

母親からどんなことをされても、母への愛を忘れずに立ち向かっていく青年の感動の物語。原作は、小説家であり漫画家としても知られる歌川たいじの同名コミックエッセイ。著者自身が体験した母との生活を綴っている。本作で、タイジ役を務めるのは、『南瓜とマヨネーズ』や『海を駆ける』など、数多くの作品に出演している太賀。タイジの母親・光子を映画やドラマなどの多くに出演している吉田羊が演じる。また、脇を固めるのは、森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳らである。そして、メガホンを取るのは、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や『泣き虫ピエロの結婚式』などを手掛けた御法川修監督。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のあらすじ

幼い頃から母の愛情を享受できずに育ったタイジ。彼は親からの愛に欠乏しながらも、「ばあちゃん」や周りの人々に面倒を見てもらいながら生きてきた。しかし、大好きな母親からの虐待や離婚など、壮絶な家庭環境に耐えかねて、17歳の時、彼は家を飛び出してしまう。タイジは1人で生きていく決意をする。 大人になり、友人にも恵まれたタイジ。そんなある日、友人からの言葉をきっかけに自分の母との壮絶な過去を振り返る。そして彼は、何年もの間音信不通となっていた母と再会することを決意する。自分に愛情を注いでくれなかった母と正面から向き合う覚悟をするのであった……。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のスタッフ・キャスト

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』に関連する作品