判決、ふたつの希望

判決、ふたつの希望

L'insulte
2017年製作 レバノン・フランス 113分 2018年8月31日上映
rating 3.9 3.9
5 0

『判決、ふたつの希望』とは

些細な出来事が国を揺るがす法廷劇へ発展する、普遍的テーマを追求する感動作。レバノン史上初アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。 監督は、『The Attack(原題)』で、サン・セバスチャン国際映画祭審査員特別賞を受賞したジアド・ドゥエイリ。そして、本作で事の発端を作る2人トニー・ハンナ役とヤーセル・サラーメ役を演じるのは、これまで俳優・コメディアンとして数々の作品に出演してきたアデル・カラムと、本作で第74回ベネチア国際映画祭最優秀賞男優賞を受賞したカメル・エル・バシャである。

『判決、ふたつの希望』のあらすじ

舞台はレバノンの首都ベイルート。そこで住宅の補修作業工事の現場監督を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒でレバノン人のトニーは、アパートの水漏れという些細な出来事から言い争いを起こす。この時、ヤーセルのふとした悪態がトニーの激しい怒りを買い、トニーもまたヤーセルのタブーに触れる一言を言ってしまう。 互いの尊厳を傷つけられた2人の対立は裁判へと持ち込まれ、この裁判で互いの弁護士は激しい討論になる。それに食いついたメディアが裁判を大々的に報じたことから、やがて裁判は大きな政治問題へと発展していくのであった。

『判決、ふたつの希望』のスタッフ・キャスト

『判決、ふたつの希望』の感想・評価・ネタバレ

  • yuuma

    異なるバックグランドを持つ人とどう関わってくかということに正解は無くて、ただ、今までよりもっと色んな事象に目を向けて学んでいきたいと思わせられた。

『判決、ふたつの希望』に関連する作品