十年 Ten Years Japan
上映中

『十年 Ten Years Japan』とは

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭のパルムドームを受賞した是枝裕和が総合監修のオムニバス映画。10年後の日本の未来をテーマに5人の若手監督が高齢化やAI教育、原発といった社会問題とそれに直面する人々の姿を描く。2015年に香港で製作され、社会現象となった短編オムニバス映画『十年』を元に、日本、タイ、台湾において自国の現在と未来に切り込む国際共同プロジェクトの一環である。 出演は、『Water』、『アレノ』で知られる川口覚、『哭声 コクソン』で外国人として初めて青龍映画賞で受賞を果たした國村隼、『愛を積むひと』、『湯を沸かすほどの熱い愛』の杉咲花、『ジョゼと虎と魚たち』、『そこのみにて光輝く』の池脇千鶴、『ほとりの朔子』、『ポンチョに夜明けの風はらませて』で知られる太賀。

『十年 Ten Years Japan』のあらすじ

『PLAN75』 公務員の伊丹の仕事は、高齢化問題の解消のために75歳以上の高齢者に安楽死を勧める国の制度である「PLAN75」を貧しい高齢者に向けて周知するものであった。認知症の母親を持つ伊丹の妻は、出産を目前にしていた。従来の命の価値を覆すシステムを前に人は何を思うのか。 『いたずら同盟』 ある小学校は国家戦略AI特区となり、そこの生徒は人工知能システム”プロミス”によって統制された学校生活を送っていた。ある日、小学校で飼育されている老馬に殺処分するように通知される。いつもトラブルばかり起こすリョウタがあるいたずらを思いつく。 『DATA』 亡くなった母親の「デジタル遺産」を得た女子高生の舞花は自分の知らなかった母の姿を知ることを嬉しく思っていたが、想像もしていなかった母に直面することになる。 『その空気は見えない』 大気汚染によって地上の生活は不可能となり、地下に生きることになる10歳の少女・ミズキ。地下の生活が当たり前で、地上は危険だという母の言葉を信じている。ある日、ミズキの友人のカエデが突然いなくなる。ミズキはカエデが残した物を見つけ、地上の世界に思いを馳せることになる。 『美しい国』 自衛隊の徴兵制が義務化されることになり、渡邊が勤務する広告代理店が防衛庁より徴兵制の告知キャンペーンを依頼される。若者に敬遠されないポスターのデザインに変更するために、渡邊は元のデザインを請け負ったベテランデザイナー・天達の元を訪れる。そこで渡邊が知ったのは......。

『十年 Ten Years Japan』のスタッフ・キャスト

『十年 Ten Years Japan』の感想・評価・ネタバレ

  • Junichi  Nakamura
    Junichi Nakamura 0 11月7日

    20181103 ブルク

『十年 Ten Years Japan』に関連する作品