マイ・プレシャス・リスト
マイ・プレシャス・リスト
Carrie Pilby
2016年製作 アメリカ 98分 2018年10月20日上映
rating 3.4 3.4
9 3

『マイ・プレシャス・リスト』の感想・評価・ネタバレ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2018年12月16日

    頭脳明晰で生真面目に知らないことや間違いを見過ごせず、過剰なほどお喋りなキャリー。それ故に、課題として出されたプレシャス・リストを嫌々ながらこなさずにいられないのがよくわかる。丁々発止のやり取りがキャサリン・ヘプバーン&スペンサー・トレイシーを意識してたり、愛読書が「フラニーとゾーイー」だったりもわかり易い。そう、彼女は他者や社会のルーズさに対し繊細に過敏に身構えてる、正に現代のフラニー。「大人になれ」と言われるけど、でもれっきとした未成年なんだもの。 だから殻を破って成長するというよりも、自分を取り戻す物語で、周りの大人たちがすごく丁寧に彼女を可愛がるのが印象的。もちろん彼女を傷つけた大人は最低最悪だけど、キャリーの周りには多くのセーフティネットが張られている。色んな意味で恵まれた子だと思いながら、感謝祭から大晦日までのNYで、そんな優しさがあってもいい。 ともあれ良い意味でベル・パウリーのショウだった。幼くもおばちゃんぽくも見える顔のパーツや声、豊かな表情が観てて楽しい。あのポラロイドカメラほしい。