ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
上映中
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
Godzilla: King of the Monsters
2019年製作 アメリカ 132分 2019年5月31日上映
rating 3.8 3.8
14 1

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のamazon02の感想・評価・ネタバレ

amazon02
amazon02 3 18日前

迫力満点。語彙力を持っていかれる勢いのゴジラだった。 ただ、色々腑に落ちない不足と余分が交錯しているのも事実。 腑に落ちない部分①ドラマパート 夫婦の行動の相違。画面で語られる情報と、子供を巻き込んでの(特にお母さん)行動原理が理解しづらい。 お父さんも、怪獣に対する宗旨替えが唐突。 モナーク所属の博士たち。理論よりエモーショナル部分で描かれすぎて、怪獣がただの外国人のような扱いになっている。 ゴジラが一時、しかも非常時とは言え人類の味方って判断は、過程+前提条件の土台が弱すぎませんかね? ②怪獣達。 ゴジラとギドラ。ラドンとモスラ。この対立がメインのバトルシーンになるが、人類に対するギドラの脅威がゴジラにはさほど伝わっていなさそうな余裕。これが一番気になる。ギドラに一度負けるのも良いが、常に劣勢。でも一瞬の隙をついて勝利するっていう、日本人の好きな逆転劇は、わかってもらえないのかなぁ。 モスラはラドンとの体格差と、昆虫出自の強みを生かしたトリッキーな戦法が目新しく、防戦以外のアクティブさを見せつけた意味は大きい。 とにかくカットごとに気合の入った映像の釣瓶落としで、特に特撮(敢えて)部分は前のめりに。ドラマ部分は特に家族の描写は⁇ばかり。その熱量差のせいでストーリーがスムーズに入ってこない。 モンスターバースの3作目として見るか、ギャレスゴジラの続編と見るか、来年のVSコングでその評価は決めたいと思うが、エンドロール後の「アレ」がどう絡んで来るのかだけは、とても期待している。 ミッドランドシネマ 2019.06.02