ジョーカー
上映中

『ジョーカー』の感想・評価・ネタバレ

  • flowermurmur
    flowermurmur 4 3日前

    この人いつ覚醒するんだろうって胸をキリキリさせながら観てたのに、どれが本当のスイッチかわからないままいつの間にかフルスロットルになってた感じ。そしてロバート・デ・ニーロが出てるの全然気づかなくてエンドロール見て驚いた。なんとなく似てるなとは思ってはいたけどね。 そして『ダークナイト』に繋がった、ような気はするけど、ブルースとジョーカーの年齢設定的に無理ないか?クリスチャン・ベイルよりヒース・レジャーの方が年下だよね? ヒース・レジャーが圧倒的ジョーカーなのは素顔を晒してないからだろうな。ホアキンは「ああ、メイクなのね」ってわかるけど、ヒースは生まれた時からあんな顔だったんじゃないかってくらいジョーカー。

  • Masahiro.
    Masahiro. 3 7日前

    ぜんぜん悪い映画ではないけど、敢えて3.5です。 テーマ重すぎるので体調良い時に観ることをおすすめします。 会場が明るくなって出口へ向かう中、エンタメ映画観た後みたいなテンションで話してる人たちに少しぞっとした。

  • moco02
    moco02 4 21日前

    「悪のカリスマ」と聞くと、浮かぶのは愉快犯のように悪事を楽しんでるような、理解不能な感覚の持ち主。 ジョーカーもそういう類の悪役だと思っていた。 しかしジョーカーとなる、なってしまう、アーサーはもともとそういう人ではなかった。障害はあるが、優しくまっすぐな心を持った青年。 誰からも求められず、与えようとしたものは全て拒まれ、大人しくしていろと抑圧され、あげく黙っていても攻撃される。 むしろ彼の感覚、感情は容易に理解できる。まともな道は全て絶たれたから、彼はジョーカーになった。 ただ、彼がまだアーサーだった時には誰もそのことを理解しようとしなかった。 チャップリンを観て笑っている観客が出てくるシーンで、ああ、これは今「ジョーカー」を観ている私たちなのだな、と気づかされてしまう。なんとも苦しい気持ちになる。 とんでもない悪党、こうして映画になるくらいの何者かにならないと私たちはその人たちの声を聞かない。 「悪のカリスマ」だと、一人非凡な人間がいて、皆の憧れや讃美の対象になったりするイメージ、だけど、 この映画のジョーカーの悪はちょっと違う気がする。周りに波及するというか共鳴するというか。。 人の心を動かしじわじわと、でも確実に憎しみが広まってしまうのがわかって怖かった。 恐ろしい映画なのに、誰もが共感と後ろめたさを感じてしまうと思う。 あと、暗い背景にピエロのオレンジ(黄色?)が映える、カッコイイシーンがたくさんだった。 素晴らしかった!

  • 板東重夫
    板東重夫 4 25日前

    なんか病む。

  • Kochinchan
    Kochinchan 5 26日前

    これは文句ない。色々ヒースレジャーのがいいだの言うてる人いるけど比べるものじゃない。 バットマンのオリジナルストーリーを上手く使ってて◎ クレイジーさが◎ アカデミー賞あるね主演男優賞ね

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 28日前

    孤独な男は街中でピエロをして働きながらコメディアンを目指していた。そんな彼が悪に染まるまでにそれほど時間はかからない…。 『ダークナイト』で私の心を掴んだ悪の化身ジョーカーの誕生秘話。本国で予告編が公開されたその瞬間から『キング・オブ・コメディ』だ…、と思った。『キング・オブ・コメディ』は私のオールタイムベスト。『ダークナイト』と『キング・オブ・コメディ』がブレンドされてとんでもないことになるぞ…、という期待と同時に嫌な予感も。これは映画ファンとして培った経験によるものである。それは映画鑑賞が始まっても拭うことができず、いまいち心がノラないまま映画は終了してしまったのだ。本作を薄っぺらい、と評価するレビューもあるがそれは断じてないだろう。 一人の男がジョーカーになるまでを描いた本作は、当然自分自身がジョーカーへと転落することを示唆させる。しかし同時に自分の行いによりジョーカーを産むことになっていることも示唆させるのだ。我々は本作の主人公に対して冷遇をする人々になりうることを常に危険性として意識せざるを得ない。 笑っているのか泣いているのかわからない演技がある。これはホアキン・フェニックスによる天才的な演技の一つであろう。本作はアカデミー賞でなんらかの賞を取っても間違いないものと思われる。ただ私にはいまいちピンとこなかったというだけ。

  • ひら
    ひら 4 10月11日

    2019/10/10 映画館

  • あぃ
    あぃ 4 10月11日

    いやぁ、良かった! なんかゾクゾクして、なるほど…って思えることがたくさんあり、良かった。 またバットマンシリーズを観たら、違った見方で観れそうな予感。

  • manikademonika
    manikademonika 0 10月11日

    イカレ野郎なんて言うもんじゃない。 意地悪な人が多かったなぁ。 本当は 人々に喜びを与えたい人。切ない。 見事に間違った方向で成り、正してくれる人や演出がないところがこわいなぁ。 悲しさたまらなかった

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 10月10日

    2019/10/09 ミッドランドスクエアシネマ 感化されて暴動起こすピエロたち、ジョーカーと同じバックグラウンドがある人よりもいままで主人公を迫害してきた側(地下鉄のリーマン含む)の人が多そうだな… 他にも辛いシーンはあったんだけど主人公に教養(というか対人経験)が無くてジョークが理解できないところ、見てられないくらいメチャメチャ悲しくなってしまった。 なんというか…血液型占いみたいに誰にでも当てはまる生きづらさみたいなのをてんこ盛りにして、観てる側に感情移入させようとするやり方、何かを扇動してると危ぶまれるのもしゃーなしと思った コレに影響受けそう〜とか怖がれる人、そっちのが恐いな… 

  • けんしろー
    けんしろー 3 10月10日

    なかなかの問題作 日本人みんなジョーカーなるやん きついでほんま。 映画としてはタクシードライバー的なテイストで面白かったです。

  • kjhyk
    kjhyk 4 10月8日

    境遇が悪いんだな。と思っていたらホントは更に悪い。と思ったらホントのホントはもっと悪い。怖い怖い。隣の女とのいろいろは全部妄想?怖い怖い。アナタ確かアーサーよね?って女が言ったところゾワゾワってなった。生まれも育ちも最悪で虐げられ、信じてたママはその現況で、憧れのデニーロに馬鹿にされ、ただのちょい異常な人がジワジワと殺人鬼になり、そしてゴッサムのカリスマイカれ野郎に。とんでもなく悪いやつだが、全部やつのせいじゃない。周りの環境も悪い。BAD HOPのやつもそう言ってたなと思い出した。ちびっ子時代のバットマンと因縁があるなんてお話最高。だめだよこんな映画作っちゃ!イカれ野郎が発奮するわ!音楽も最高にカッコいいし。

  • イトヨ
    イトヨ 4 10月7日

    世間に対して同じような思想持ってる人は危ない...理性的な人間なら見てもいいと思う笑

  • Junichi  Nakamura
    Junichi Nakamura 0 10月5日

    20191004 109湘南