大人のためのグリム童話 手をなくした少女

大人のためのグリム童話 手をなくした少女

La jeune fille sans mains
2016年製作 フランス 80分 2018年8月18日上映
rating 0 -
0 0

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』とは

フランスの新鋭アニメーション監督セバスチャン・ローデンバックが、19世紀の初めに書かれた『グリム童話』の民話の一つである「手なしむすめ」を題材に製作した自身初の長編アニメーション映画。悪魔によって両腕を失った少女が、運命に翻弄されながらも自らの幸せを模索しながら懸命に生きる姿を描く。 本作のすべての作画は監督であるセバスチャン・ローデンバックが、自らが名付けた独自の技法である“クリプトキノグラフィー”を駆使してたった一人で手掛けた。

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』のあらすじ

貧困生活に苦しむ父親は悪魔に欺かれ、富と引き換えに娘を差し出すという約束を交わしてしまう。娘は一命を取り留めるものの、両腕を失ってしまう。父親との関係性に嫌気がさした娘は、家を出て当てのない旅に出る。 足を滑らせ落ちた川で、娘は川の精霊と出会う。精霊の加護を受けた娘は、ある国の王子に見初められ幸せな生活を送り始める。しかし、そこに悪魔が2人の幸せを壊そうと忍び寄る。悪魔の謀略により、自分と子供の命の危険を感じた娘は、生まれたばかりの子供を連れて逃げるように王宮を去る。果たして、娘は悪魔との戦いに勝利することができるのか……。

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』のスタッフ・キャスト

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』に関連する作品