チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

Tulip Fever
2017年製作 イギリス・アメリカ 105分 2018年10月6日上映
rating 0 -
1 1

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』とは

チューリップの値段が高騰し、邸宅1軒分の価値にもなったという17世紀オランダ。フェルメールの絵画の世界にインスピレーションを得て、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の原作者であるデボラ・モガーが書いた小説を映画化した。 監督は『ブーリン家の姉妹』のジャスティン・チャドウィック、脚本は『恋におちたシェイクスピア』のトム・ストッパードだ。そして『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルと『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』のデイン・デハーンが主演を務めた。

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』のあらすじ

17世紀オランダ。修道院で育った美しい少女のソフィアは、成人後親子ほど年の離れた豪商コルネリスと結婚する。豊かで落ち着いた暮らしを送っていた2人だが、一向に子どもが授からないことにコルネリスは焦りを感じていた。 ある日、コルネリスが夫婦の肖像画を依頼したことをきっかけに、無名の画家ヤンとソフィアは恋におちてしまう。一方、魚売りのウィレムは愛するマリアとの結婚のため、全財産をかけてチューリップの証明書を手にする。しかし、ソフィアをマリアと見間違えたことから財布を盗まれてしまう。愛する人が姿を消し、失意のマリアはウィレムとの子どもを授かっていた。ソフィアはその子を自分たちの子どもだとコルネリスに思い込ませるよう画策するが……。

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』のスタッフ・キャスト

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』に関連する作品