ヘアスプレー (2007)
ヘアスプレー (2007)
Hairspray
2007年製作 アメリカ 117分 2007年10月20日上映
rating 3.8 3.8
609 65

『ヘアスプレー (2007)』の感想・評価・ネタバレ

  • kjhyk

    先に見たヘアスプレーライブが★5。 比較しちゃうと華やかさ、キャストの見た目など、ライブのが良かったので。 ライブの方は最高に楽しく素晴らしいミュージカル

  • Erika

    明るく楽しく問題提起。 映画のテーマは"ストップ人種差別"で、実際の歴史も交えたっぽいストーリーだけどキャッチーな歌とダンスで重くなくてとってもハッピー!60年代のお洒落な髪型とファッションもステキ。

  • エミデブ
    エミデブ 3 2018年1月18日

    ボルチモアで展開されるハッピーでノリノリなミュージカル映画。まぁ、ただハッピーというわけではなく、そう生きた方が良いじゃんというメッセージ性が受け取れる。 まぁ、ジョントラボルタが女装して登場しているのが正直何よりも印象的だったのだけれど、映画自体は、僕がミュージカルが大好きなのもあってすごく好きだった。当時の光景やバックグラウンドもなかなか渋く、うわぁテレビふるぅいなんて思っちゃうんだけど、すごいクール!

  • アカリヨシザワ
    アカリヨシザワ 4 2016年11月22日

    大好きなミュージカル映画です。 公開された当時は大々的に取り上げられていたのに、何故かあまり知名度がないのが悲しい! エンターテイメントとして楽しめる部分と、じっくり考えさせられる部分のバランスが、丁度良い作品だと思います。 マイノリティー層の人々を描く作品って、全体のお話の雰囲気がダークになりがちだと個人的には思っているのだけど、この作品はすごくライトに、でもポップ過ぎない感じで描いていると思います。いつの時代もぽっちゃりさんって煙たがられがちだけど、私はどんなにぽっちゃりであってもトレイシーみたいに、心の豊かさを持てる女性の方が魅力的だと思うな~なんて(笑)意外とこれにザック・エフロンが出ているの知らない人多いのでは?私はあのクールなリーゼントヘアを観る度にキュンキュンしています♡後はジョン・トラボルタの女装姿も素敵。小学生で見た当時は本物の女性だと思っていたもの!(笑) 女性は60年代のカラフルでガーリーなお洋服にも絶対ときめくはず!あぁ~やっぱり女の子って楽しい!オシャレって楽しい! って思える作品でもあると思います。 『Good morning Baltimore』から始まり、『You can't stop the beat』で閉まる流れ、個人的に最強だなって思います。 あ~サントラ買おうかな…今更だけど。

  • はっすぃー
    はっすぃー 2 2015年12月18日

    ジョントラボルタの女装はイマイチ意味わからない。うまいけど。音楽やダンスはどれもパワーを感じて好きだけど全体的に何か物足りない。ストーリーがありきたりすぎるのかも。見終わった後は前向きになれるいい話しで差別を上手く表題化していると思う。

  • (hmrn)
    (hmrn) 4 2015年12月17日

    元気がない時見たくなる

  • ことね。
    ことね。 4 2015年12月1日

    20151201

  • Lisa Kanzaki
    Lisa Kanzaki 4 2015年10月13日

    映画が進むにつれ、トレーシーがどんどん魅力的に見えてくる、キュート。 あまりにベタな展開だというのに 後半20分ほど、ミュージカルの力に圧倒されて、涙が止まらなかった。 お洒落なだけでなく、前向きな力を持った映画。 見た人すべてがすっきりとした心持ちになれる作品ではないでしょうか〇

  • TATSUYA.....
    TATSUYA..... 4 2015年10月10日

    見てて楽しくなる映画だし、意外と考えさせられるテーマ。音楽、演出、内容、キャストともに最高。ジョントラボルタの女装はきつかった笑

  • Maako

    DVD

  • mazda

    60年代がベースの超ポップなミュージカル映画。 見ていてこんなに楽しい映画は久しぶり!!見ているうちにどんどんこの世界観に取り込まれて終盤にかけての高揚感がすごい!最初は普通に映画を観る感覚で観ていてもだんだん観てるだけで楽しくなってくるからクオリティやツッコミどころとかがもうどうでもよくなってくる、それくらいテンションをもってかれるパワーがある。とくにラストのシーンがものすごく好きでアンコールしたくなる。笑 黒人差別がまだのこるアメリカで、見られ方を気にしないというテーマから主人公はプクプクのおデブ。デブと黒人の見られ方というのは意味が変わってくるのではと最初思ったのだけど、そもそも本作にでてくる人物(すくなくとも中心人達は)デブっちょであることも気にしてなければ黒人であることもそこまで気にしていない。ただ周りや世の中に勝手によくない目で見られるという話。 体格を気にしているのと肌の色を気にしているのでは一緒にしないでほしいと思うけど 変化を問う作品ではなく、他人から悪い風に指摘される見た目のことを気にせずに堂々とおおらかでいることを描いているんじゃないかなと思った。 彼等は気にしていないどころかその容姿や肌の色を望んでいるし好んでいるようにみえる、そんな彼等のありのままの楽しそうな姿を見て気にしている人間も「気にしなくていいんだ」という明るく影響される。だからこういうハッピーな結末なんだと思う。 この60年代の世界観がすごく魅力的、それはビジュアル的にもそうだけど時代の流れがこれから変わるっていう駆け出しが見えて、楽しい時代がやってくるというのを感じる。 何かを気にせずに楽しむことって意外とできないことなのでそれをミュージカルで表現したこの映画はとても素晴らしいです。 個人的には主人公トレーシーと相手役リンクのおちゃめなデブとイケメンの仲が大好きでした。みんながキラキラしてて全力でハッピーがつまった作品。

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 3 2015年7月20日

    2時間弱歌って踊るミュージカル映画。60年代はまだまだ差別があからさまな時代、実際こうはいかなかっただろうなと思うけれど、そういうものも吹き飛ばすような疾走感、突き抜け感が本作の最大の持ち味です。冒頭からいきなりの歌で始まり怒涛のように歌と踊りが続く展開に、観ながら思わず体を動かしたくなりました(笑)。 トラボルタの女装でも有名な本作、太ったママ役のトラボルタにはアッパレの気持ち半分, ゲゲッという気持ち半分というのが正直なところだけど(^^;;)、ビッチな悪女もハマるミシェル・ファイファーに貫禄のクイーン・ラティファも含め確かな演技力で皆『らしさ』は出ていたと思います。 もう一つ本音を言えば、努力や意志で改善の余地のある肥満と、変更しようの無い人種の問題を同一線上に並べるのはちょっと違う気がしますが、パワフルで観てて楽しいのは事実だし、自分を肯定し自分を好きになって前へ進む自分賛歌のミュージカルだと思えばいいのかも。

  • Daiki Kinoshita
    Daiki Kinoshita 3 2015年5月25日

    監督 アダム・シャンクマン 脚本 レスリー・ディクソン 特殊メイクすごいな(笑)

  • ちゃんぺこ、
    ちゃんぺこ、 5 2015年4月19日

    ミュージカル風。 ミュージカルが好きなので、 すくはいりこめたし、 すっごくおもしろい!

  • 依田瞳
    依田瞳 3 2015年4月14日

    やっぱりコメディは楽しく ハッピーになれるのが一番である◎ いつでも前向きにいつでも自分自身を 信じて元気もらうしいい!

  • コナガイ
    コナガイ 5 2015年2月22日

    ノリとテンポの良さで何度でも観たくなる。 曲が素晴らしい。

  • デラシネ
    デラシネ 3 2015年2月17日

    デモのシーンがとても美しく、見入ってしまいました。2015年現在も黒人差別がなくならないボルチモアですが、多くの人がこの作品を観て、差別しないという決意を持って欲しいと思います。

  • Ayk

    元気がでる映画!

  • けいとん
    けいとん 4 2015年1月20日

    よかった♪衣装から構成からストーリーから全部よかった。ラストまで飽きる間もなくあっという間

  • Tetsuaki

    差別と偏見を歌って踊って楽しく表現するミュージカル映画。 母親役がカギをにぎるが「女装のトラボルタ」も良かったが個人的には「ひげ面のフレディ・マーキュリー」に演じて欲しかったゼー! 歌上手いゼー!!