恋のクレイジーロード

恋のクレイジーロード

2018年製作 日本 18分 2018年8月4日上映
rating 0 -
0 0

『恋のクレイジーロード』とは

『不能犯』や『貞子vs伽椰子』で知られる白石晃士監督による、恋に突っ走る狂気の短編バイオレンスラブコメディ。本作は白石監督と坪井篤史が配信しているニコニコチャンネルの番組「白石晃士と坪井篤史の映画狂人ロード」の雑談から構想を得た作品。 田舎道を走るバスを舞台に、チューヤに一目ぼれしたというシャベルを抱えた女装男がバスをジャックする。BL漫画の実写映画『ダブルミンツ』に出演し、名古屋発の男性エンタテインメント集団「BOYS AND MEN」出身の田中俊介がチューヤを演じる。スミレ役を『月極オトコトモダチ』の芦那すみれ、女装男役を『殺人ワークショップ』など白石監督のホラー映画に多数出演している宇野祥平がそれぞれ演じる。

『恋のクレイジーロード』のあらすじ

静かな田舎の一本道を走るバスに、1人の乗客が停留所から乗り込んできた。それは目が虚ろな女装男で、シャベルを抱えふらふらと前方に歩いていく。1人の乗客の頭を突然シャベルで叩き潰すと、赤信号でも走り続けるように運転手を脅迫する。 女装男は人生の伴侶を探して旅をしていたといい、なんと彼女のスミレとともにバスに乗っていたチューヤに愛の告白をするのだった。殺人鬼を乗せたまま乗客たちを巻き込み、阿鼻叫喚の地獄絵図となったバスはひたすら走り続ける。この恋の決着はどこに行くつくのか。

『恋のクレイジーロード』のスタッフ・キャスト

『恋のクレイジーロード』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『恋のクレイジーロード』に関連する作品