ゾンからのメッセージ

ゾンからのメッセージ

2018年製作 日本 117分 2018年8月11日上映
rating 0 -
0 0

『ゾンからのメッセージ』とは

「ゾン」に覆われたことによって時が止まったかのような不思議な街を舞台に、そこで暮らす人々を描いたSF群像劇。俳優としても活躍し『ゲゲゲの女房』、『コワイ女』などで監督を務めた鈴木卓爾がメガホンをとり、『今日、恋をはじめます』、『ReLIFE リライフ』などメジャー作品も多数手がける古澤健が脚本とプロデュースを担当した。 脚本は映画美学校アクターズ・コース第2期の6名がワークショップの時間の中から見つけたものを基に執筆され、物語の舞台となる「BAR 湯」や空を覆うゾンの演出なども彼らからヒントを得た。独特の雰囲気を醸し出す作品になっている。 『SHARING』の高橋隆大、長尾理世、石丸将吾、唐鎌将仁らが舞台となる不思議な町の住人を演じる。

『ゾンからのメッセージ』のあらすじ

ゾンと呼ばれる謎の現象に覆われ、時が止まったかのような不思議な懐かしい町、夢問町。かつてはゾンの向こうに旅に出た人もいたが、誰も戻って来ず、今では挑戦する人はいなくなった。 ゾンに覆われてから20年が経ち、町の外を知らない若者たちも多くなった。町の人々が集まる「BAR 湯」を舞台に、店のママ常本道子、店員の狩野晶、セミナー主催者の二宮賢治、「ゾン以後世代」の若者たち・羽佐間一歩と安藤麗実といった町の住人たちが様々な人間模様を織り成している。ある日、町のはずれに住む自称ミュージシャン、永礼貫太郎のもとにゾンから謎のVHSテープが届き、住人たちに変化が起きはじめる。

『ゾンからのメッセージ』のスタッフ・キャスト

『ゾンからのメッセージ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ゾンからのメッセージ』に関連する作品