歯まん

歯まん

2015年製作 日本 95分 2019年3月2日上映
rating 0 -
0 0

『歯まん』とは

シッチェス映画祭、モントリオール世界映画祭、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭などで上映され、2015年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭「オフシアター・コンペ部門」北海道知事賞や日本芸術センター第7回映像グランプリ若獅子賞など数々の賞を受賞した本作。 「生と性と愛」をテーマに、気鋭の監督・岡部哲也がモンスターになってしまったことで少女に起こる様々な出来事を描いた。モンスターになった少女を馬場野々香、少女と出会い恋に落ちる男性を小島祐輔が演じた。

『歯まん』のあらすじ

愛する恋人と初めてのセックスに臨んだ女子高生の遥香。しかし、その最中に自らの身体に異変が起こり、恋人の局部を食いちぎって彼を殺してしまう。ショックのあまりその場を逃げ出した遥香だったが、誰にも相談できず不安と孤独に飲み込まれていく。呪われた人生を歩むことになってしまった遥香は、ある日ひとりの男性と出会い、恋に落ちるが……。 逃げ出した町で出会い遥香と恋に落ちる祐介や、祐介の姉で水商売をしているみどり、八百久のおやじなど、出会った人々との関わり、その中で生まれた関係を通して遥香は自分のコンプレックスやトラウマとどう向き合っていくのか。

『歯まん』のスタッフ・キャスト

『歯まん』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『歯まん』に関連する作品