APPLESEED EX MACHINA -エクスマキナ-

APPLESEED EX MACHINA -エクスマキナ-

2007年製作 日本 105分 2007年10月20日上映
rating 2.6 2.6
15 1

『APPLESEED EX MACHINA -エクスマキナ-』とは

『攻殻機動隊』の士郎正宗のSF漫画が原作で、映画『APPLESEED』の続編にあたる作品。前作よりもさらにリアルさを追求した表現方法となっている。 監督は前作から引き続き荒牧伸志が務め、プロデュースに『M:I-2』のジョン・ウーを迎えた。音楽には音楽家の細野晴臣など豪華な面々をスタッフに揃えている。 『OVERMANキングゲイナー』の小林愛が、今作でもデュナンの声と表情の演技を担当している。その他のキャストは大幅に変更されている。

『APPLESEED EX MACHINA -エクスマキナ-』のあらすじ

西暦2138年。非核大戦後の壊滅的状況な世界はいまだ争いと混沌の中であった。 未来都市「オリュンポス」では、人間とサイボーグと、バイオロイドと呼ばれる人間の遺伝子から造られたクローンが共に生活している。 デュナンと、身体のほとんどが機械化されているサイボーグのブリアレオスは共にオリュンポスの特殊部隊に所属する戦士で、二人はパートナーであり恋人だったが、ある日ブリアレオスは重傷、昏睡状態となってしまう。 そんな時にデュナンの新しいパートナーとして配属されたのは、ブリアレオスの遺伝子から造られたバイオロイド、テレウスだった。その頃、各地ではサイボーグが暴徒化するテロが続発していた……。

『APPLESEED EX MACHINA -エクスマキナ-』のスタッフ・キャスト

『APPLESEED EX MACHINA -エクスマキナ-』の感想・評価・ネタバレ

  • エミデブ
    エミデブ 2 2016年10月11日

    アップルシードの続編で1作目の公開からしばらく経ってからだろうと思う。なぜなら映像の技術、いやアニメーションの技術か、それが格段に上がっていて、統一感に欠けるからだ。 でも、1作目からブリアレオスが可愛くて大好き。うん、超タイプなんだ。エッチは出来そうにないけど、ベッドに寝転がってイチャイチャしたい。同棲を始めるにあたって家具をニトリやらイケアやらに買いに行って俺が重たそうにしてたら軽々と持って欲しい。で、小さい声でありがとなとか言いたい。そして向こうは気にすんなよ、これから一緒に暮らすんだぜ?って言うんだ。妄想だけどね。 実はこの映画、製作陣が豪華だったりする。知らなかったけどミッションインポッシブル2の監督さんがプロデュースしてたり、YMOが他人名義で楽曲提供してたりする。 時代の変化とともに、技術も向上する。まだ観てないがアップルシードアルファも公開された。数年でまた、どれほどの進化が行われたか、それだけが楽しみ。逆に言えばもうそんなにストーリーは楽しみではない

  • 錦織孝文
    錦織孝文 3 2015年5月9日

    まぁまぁ面白いよ

  • Leo

    テレビ

『APPLESEED EX MACHINA -エクスマキナ-』に関連する作品