赤毛のアン 卒業

赤毛のアン 卒業

L.M. Montgomery's Anne of Green Gables: Fire & Dew
2017年製作 カナダ 90分 2018年11月2日上映
rating 0 -
0 1

『赤毛のアン 卒業』とは

プリンス・エドワード島を舞台に想像力豊かなアンの日々を描いたルーシー・モード・モンゴメリーの児童文学「赤毛のアン」シリーズ。本作はこの小説を本国カナダで実写映画化した3部作の3作目にあたる。前作までと同じく、モンゴメリの孫娘であるケイト・マクドナルド・バトラーが製作総指揮を務め、主演にエラ・バレンタイン、『地獄の黙示録』のマーティン・シーンがマシュウ役を、『逆光』のサラ・ボッツフォードがマリラ役を務めた。

『赤毛のアン 卒業』のあらすじ

グリーンゲイブルズでの楽しい毎日を過ごしてきたアンは16歳になり、教師になることを目指していた。そこでギルバートたち数人とともにクイーン学院を受験し見事合格できたアン。しかし、大親友のダイアナは親から進学を許可してもらえず、地元に残ることに。初めての下宿先でホームシックになりつつも、悲願であった大学奨学金を獲得して無事に卒業することができた。だが、アンが成長する傍ら、グリーンゲイブルズの家ではマシュウとマリラが老いて弱っていく一方だった。アンは人生の悲しい出来事を経験し、大きな決断を下すことになる。

『赤毛のアン 卒業』のスタッフ・キャスト

『赤毛のアン 卒業』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『赤毛のアン 卒業』に関連する作品