あまねき旋律

あまねき旋律

Up Down & Sideways
2017年製作 インド 83分 2018年10月6日上映
rating 0 -
1 0

『あまねき旋律』とは

インドの山々に囲まれて生活する人々の風習を題材にした音楽ドキュメンタリー映画。舞台は、インドとミャンマーの国境付近にあるナガランド州。そこには、作業をしながら歌を歌う風習があるという。 そんな独特の風習を持つ人々に密着したのは、インド南部出身のアヌシュカ・ミーナークシ監督とイーシュワル・シュリクマール監督の2人。本作は2017年、山形国際ドキュメンタリー映画祭のアジア千波万波部門で奨励賞と日本映画監督協会賞を受賞した。

『あまねき旋律』のあらすじ

インド東北部にあるナガランド州。そこの山深い山間部に住む人々には、ある変わった風習がある。それは、“歌”を歌うということである。彼らは、広がる棚田で苗木を植えたり穀物を収穫したり、農作業を行いながら生活をする。その作業を“歌”を歌いながら行うのである。 その歌は“リ”と呼ばれるもので、村人たちは友人や恋人、自分の感情、季節など生活全てをその歌に乗せて表現し合うのである。誰か1人が歌い始めれば、それに応えるかのように他の誰かが歌い始める。それには男性や女性など関係なく、皆互いに呼応し合う。

『あまねき旋律』のスタッフ・キャスト

『あまねき旋律』の感想・評価・ネタバレ

『あまねき旋律』に関連する作品