いつも月夜に米の飯

いつも月夜に米の飯

2018年製作 日本 104分 2018年9月8日上映
rating 0 -
0 0

『いつも月夜に米の飯』とは

森川葵主演で数々の賞を受賞した『おんなのこきらい』で知られる加藤綾佳監督による女子高生の物語。奔放な母を持ち、突然、新潟で居酒屋を切り盛りしなくてはならなくなった女子高生・千代里の奮闘する姿を描く。 主演は、モデル出身で『最低。』で本格的に女優デビューした山田愛奈。『ホテル・ハイビスカス』で知られる和田聰宏、ドラマ『となりの関くん』の渡辺佑太朗、ベテラン女優の高橋由美子が脇を固める。加藤監督と山田愛奈、渡辺佑太朗は新潟出身で故郷での撮影となった。主題歌は吉澤嘉代子の「雪」、挿入歌の「おいしい声」は主演の山田愛奈が歌っている。

『いつも月夜に米の飯』のあらすじ

母親の元を離れ、東京で暮らしている女子高生の千代里。昔から恋多き女性で奔放な生き方をしてきた母親が、夏休みに入る直前になって突然いなくなったと連絡が来る。母親に対して割り切れない気持ちを持ちつつも千代里は故郷の新潟に帰り、母親の居酒屋を営むことになる。千代里が戻るまでは、料理人のアサダが店を守っていた。 個性あふれる常連客を相手に、千代里は徐々に心を開いていく。アサダや幼なじみの瑛一に助けられながら仕事にも慣れていき、次第にアサダへ恋心を抱くようになる。そんな時、いきなり母親が戻ってきて......。

『いつも月夜に米の飯』のスタッフ・キャスト

『いつも月夜に米の飯』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『いつも月夜に米の飯』に関連する作品