初恋スケッチ まいっちんぐマチコ先生

初恋スケッチ まいっちんぐマチコ先生

2018年製作 日本 2018年9月8日上映
rating 0 -
0 0

『初恋スケッチ まいっちんぐマチコ先生』とは

1980年代前半にギャグ漫画・テレビアニメとして大ヒットし、その後もリバイバルが続く『まいっちんぐマチコ先生』の現代版を描いた実写映画。原作者のえびはら武司の漫画家歴45周年を記念して、映画化が決定した。 スランプ中の漫画家・ケンタは、母校のあらま学園に取り壊しの可能性があることを知り、帰郷する。仲間と共に取り壊し反対の活動をする内に、学生時代にケンタが思いを寄せていたマチコ先生の面影のある響子と出会う。 Huluオリジナルドラマ『でぶせん』で知られるグラビアアイドル・大澤玲美がマチコ先生を演じる。ケンタ役は、お笑いコンビ「しずる」の村上純、金三役は同じく「しずる」の池田一真。監督は、『夏ノ日、君ノ声』の神村友征。

『初恋スケッチ まいっちんぐマチコ先生』のあらすじ

漫画家になる夢を抱いて東京に出たケンタは、スランプに陥っていた。そんな時、卒業した母校のあらま学園に取り壊しの可能性があることを知らされる。帰省したケンタは昔の仲間であるカメ、ヒロミ、金三と再会し、学園の取り壊しを反対するメンバーの一員になる。 そんな時、ケンタはあらま学園で教師をしていた響子に出会う。かつて自分の教師だったマチコ先生の面影のある響子といると、ケンタはその頃の自分を思い出すことになる。漫画を描くことが大好きだった自分のことを......。 取り壊し反対派のケンタたちと、取り壊しを推進するヒロシやナナオの対立は日に日に強まっていく。あらま学園はどうなってしまうのか。

『初恋スケッチ まいっちんぐマチコ先生』のスタッフ・キャスト

『初恋スケッチ まいっちんぐマチコ先生』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『初恋スケッチ まいっちんぐマチコ先生』に関連する作品