体操しようよ

体操しようよ

2018年製作 日本 2018年11月9日上映
rating 0 -
0 0

『体操しようよ』とは

2017年公開の『ハローグッバイ』や『望郷』で知られる菊地健雄が監督を務めた、ラジオ体操がテーマのコメディ作品。60歳のシングルファーザーが定年退職をきっかけに家事や地域との交流など、初めての事に挑戦していく姿を描く。 主人公の佐野道太郎を、本作が7年ぶりの主演作品となる草刈正雄が演じ、娘の弓子を『追憶』や『羊の木』に出演した木村文乃が演じる。そのほか、佐野親子を取り巻く人々をきたろう、渡辺大知、和久井映見が演じる。

『体操しようよ』のあらすじ

御年60歳の佐野道太郎は、妻を亡くして以来18年間、娘の弓子と支えあいながら家庭を営んできたと自負していた。しかし、晴れて定年退職を迎えたある日、弓子からいきなりエプロンを渡され、これからの佐野家の一切の家事を任されることとなる。家事なんてこれまでやったことのない道太郎は初めてずくめの事に戸惑う。加えて、弓子に恋人がいて、その人との結婚を視野に入れて交際をしているというショッキングなニュースを知ってしまう。 定年退職で膨大な“自由時間”を手に入れ、それを持て余していた道太郎は、あることがきっかけで地元のラジオ体操に参加するようになる。道太郎はラジオ体操への参加を通して、ラジオ体操会の会長や近所の子供たち、みんなの人気者であるラジオ体操会のマドンナなど、これまで出会うことのなかった人々と出会い、彼らとの交流を通して、少しずつ変わっていく。

『体操しようよ』のスタッフ・キャスト

『体操しようよ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『体操しようよ』に関連する作品