黙ってピアノを弾いてくれ

黙ってピアノを弾いてくれ

Shut Up and Play the Piano
2018年製作 ドイツ・イギリス 85分 2018年9月29日上映
rating 0 -
0 0

『黙ってピアノを弾いてくれ』とは

2013年のグラミー賞で最優秀アルバム賞を獲得し、ダフト・パンクやエルメスのバーキンの由来になった歌手で女優のジェーン・バーキンなど多くのアーティストが愛してやまないカナダ出身の天才ピアニストであるチリー・ゴンザレスのドキュメンタリー映画。原題は、「Shut Up and Play the Piano」。 1990年代にカナダを離れドイツに移住したゴンザレスは、その後も破天荒な言動やパフォーマンスだけでなく繊細で美しいピアノの旋律は、人々を魅了し続けている。 監督は、これが初の監督作品となるフィリップ・ジェディッケで、エレクトロパンクを代表する女性シンガー・ピーチズ、アップルのCMに自身の歌「1234」が起用され一躍有名になったファイストなども出演する。

『黙ってピアノを弾いてくれ』のあらすじ

チリー・ゴンザレスは、グラミー賞の受賞経験もある作曲家でピアノの妙手であり、エンターテイナーである。ラップとエレクトロとピアノ独奏が織り交ぜながら、クラシック音楽も取り入れた類まれなポップの演奏者となった。 生まれ故郷のカナダを離れ、1990年代後半にはドイツのベルリンでひっそりと活動していたゴンザレス。その後2009年には27時間連続でライブ演奏をしてギネス記録を獲得したり、ファイスト、ピーチズ、ダフト・パンクとの共演など、唯一無二の存在を世界に知らしめている。 イギリスのロックバンド・パルプの元リーダーであるジャービス・コッカーやウィーン放送交響楽団との共演も収録されている。

『黙ってピアノを弾いてくれ』のスタッフ・キャスト

『黙ってピアノを弾いてくれ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『黙ってピアノを弾いてくれ』に関連する作品