愛と法

愛と法

2017年製作 日本・イギリス・フランス 94分 2018年9月29日上映
rating 0 -
0 0

『愛と法』とは

大阪に暮らすゲイの弁護士カップルであるカズとフミの3年間を描いたドキュメンタリー映画。第30回東京国際映画祭ので世界発上映され、日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した。 仕事もプライベートも共有するカズとフミだが、法の上では婚姻関係は成り立たない。そんな彼らが一人の少年を預かることになる。 監督は、ロンドンを拠点に世界で活躍する戸田ひかる。出演はカズこと南和行、フミこと吉田昌史。製作はエルハム・シャケリファー。日本、イギリス、フランスの合作。

『愛と法』のあらすじ

大阪在住の弁護士のカズとフミは、人生を共にするパートナーである。ゲイであることを公表し、2人で法律事務所を構えている。深い愛でつながれた2人でも法の前では他人同士であり、弁護士であっても法には逆らえない。 カズの母親は今でこそ彼らの事務所を手伝い、2人の良き理解者となっているが、ここまで来るのに何年もかかっている。そんな彼らの夢は養子を迎え、家族を育むこと。法律上は他人同士の2人は家族として認められていないが、仕事の上で知り合った少年が行き場を失い、しばらく2人と一緒に住むことになる。 弁護士の彼らの前には社会的にマイノリティと言える人たちが相談に来る。無戸籍者や法律によって生きづらさを感じざるを得ない人たちが社会で孤立してしまう現代を赤裸々に描く。

『愛と法』のスタッフ・キャスト

『愛と法』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『愛と法』に関連する作品