僕の帰る場所

僕の帰る場所

2017年製作 日本・ミャンマー 98分 2018年10月6日上映
rating 0 -
1 3

『僕の帰る場所』とは

日本に暮らすあるミャンマー人家族に実際に起こった出来事をベースに制作した、日本とミャンマーが舞台のヒューマンドラマ作品。日本語があまりできない母親が、ミャンマーの言葉が話せない子供たちを、現実の厳しさに悩みながらも愛をこめて育てようとする姿を描く。 監督の藤元明緒は、この作品で第30回東京国際映画祭の「アジアの未来」部門で日本人としては初めてとなる監督賞とグランプリを獲得し、子役のカウン・ミャッ・トゥは、オランダで開催されたシネマジア映画祭にて最優秀俳優賞を獲得するなど、国内外から注目を集めた作品。

『僕の帰る場所』のあらすじ

ミャンマー人のケインは、夫のアイセと小さな2人の息子たちと一緒に東京のとあるアパートで生活していた。ある日、アイセが入国管理局に捕まってしまい、ケインは夫が不在の中、幼い子供たちを一人で育てていかなくてはならなくなった。 生まれも育ちも東京で、日本語しか話せない子供たちに、ケインは片言の日本語で心からの愛をこめて接していたが、子供たちは父親に会うことができない苛立ちから、毎日ケンカをしてばかり。ケインはそんな暮らしから、将来に不安を募らせるようになり、故郷のミャンマーへと戻りたいと考えるようになる。

『僕の帰る場所』のスタッフ・キャスト

『僕の帰る場所』の感想・評価・ネタバレ

  • 錆犬
    錆犬 0 1月28日

    2019/01/24 名古屋シネマテーク

『僕の帰る場所』に関連する作品