ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て

2018年製作 日本 97分 2018年10月19日上映
rating 3.5 3.5
1 2

『ここは退屈迎えに来て』とは

地方で生活する、夢を諦めた女性と元カレを諦めきれない女性の心の内面を描いた作品。原作は、山内マリコの同名連作小説集。 監督は、ゆうばり国際冒険ファンタスティック映画祭ビデオ部門グランプリや文化庁優秀映画賞、第25回ヨコハマ映画祭で監督賞などの受賞経験を持ち、『PとJK』や『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、『伊藤くん A to E』などを手掛けた廣木隆一。出演は、夢を諦めた「私」を橋本愛、元カレを諦めきれない「あたし」を門脇麦、高校時代に憧れの的だった椎名くんを成田凌が演じる。

『ここは退屈迎えに来て』のあらすじ

東京に就職し10年が経った頃、27歳になった「私」は地方の地元に戻ってくる。そして、実家でタウン誌の記事を執筆する生活をしているが、何か物足りなさを感じて日々を過ごしていた。そんなある日、久しぶりに高校時代の友人と再会し、高校時代にみんなの憧れの的であった椎名くんに会いに行くことになる。しかし、「私」の頭の中に、憧れの存在であった彼との忘れることができない記憶が蘇る。 一方、東京に憧れを抱きつつも怖さを感じ、地元を離れることができないでいる「あたし」は、元カレである椎名くんを忘れられずにいた。日々に満足を得ることができない2人の女性「私」と「あたし」は、自分の心を満たしてくれる“何か”を求める。

『ここは退屈迎えに来て』のスタッフ・キャスト

『ここは退屈迎えに来て』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ここは退屈迎えに来て』に関連する作品