おかえり、ブルゴーニュへ

おかえり、ブルゴーニュへ

Ce qui nous lie
2017年製作 フランス 113分 2018年11月17日上映
rating 3 3
2 0

『おかえり、ブルゴーニュへ』とは

フランス・ブルゴーニュ地方を舞台に、ワイン造りを取り巻く兄妹の生きる姿を描いたドラマ映画。ワイン農家の父親の元に育った3人の兄妹であるジャン、ジュリエット、ジェレミーが10年ぶりに再会し、それぞれの関係を再構築していく。 青春コメディ映画『スパニッシュ・アパートメント』で多くの賞を獲得したセドリック・クラピッシュが監督を務める。長男のジャン役は、『理想の出産』、『間奏曲はパリで』のピオ・マルマイ。長女のジュリエット役は、オダギリジョー主演の小栗康平監督作品の『FOUJITA』にも出演したアナ・ジラルド。次男のジェレミー役は、『FRANK フランク』、『メイド・イン・フランス パリ爆破テロ計画』のフランソワ・シビル。" "フランス・ブルゴーニュ地方を舞台に、ワイン造りを取り巻く兄妹の生きる姿を描いたドラマ映画。ワイン農家の父親の元に育った3人の兄妹であるジャン、ジュリエット、ジェレミーが10年ぶりに再会し、それぞれの関係を再構築していく。 青春コメディ映画『スパニッシュ・アパートメント』で多くの賞を獲得したセドリック・クラピッシュが監督を務める。長男のジャン役は、『理想の出産』、『間奏曲はパリで』のピオ・マルマイ。長女のジュリエット役は、オダギリジョー主演の小栗康平監督作品の『FOUJITA』にも出演したアナ・ジラルド。次男のジェレミー役は、『FRANK フランク』、『メイド・イン・フランス パリ爆破テロ計画』のフランソワ・シビル。

『おかえり、ブルゴーニュへ』のあらすじ

3人兄妹のジャン、ジュリエット、ジェレミーは、小さい頃からワイン造りに関して父親から様々なことを教えられながら育ってきた。長男のジャンは10年前に家を出たきり行方が分からなくなっていたが、父親が病に伏していることを知り、突然ふるさとのフランス・ブルゴーニュに戻ってくる。ジャンがバックパッカーをしたり、オーストラリアでワイン畑を購入したりしている間に、長女のジュリエットが父親のワイナリーの後継者となり、次男のジェレミーは近隣で成功しているワイナリーの娘と結婚し家庭を持っていた。 ジャンが戻った直後に父親が亡くなったことで相続の問題が発生し、兄妹のそれぞれが抱える問題と将来について真剣に向き合わなくてはならない時が来て......。

『おかえり、ブルゴーニュへ』のスタッフ・キャスト

『おかえり、ブルゴーニュへ』の感想・評価・ネタバレ

  • manikademonika
    manikademonika 0 2月25日

    景色が綺麗だった〜 ワインのみたくなる〜 ブルゴーニュのワイン教育がすごい

『おかえり、ブルゴーニュへ』に関連する作品