ダウンレンジ

ダウンレンジ

Downrange
2018年製作 日本・アメリカ 90分 2018年9月15日上映
rating 3.5 3.5
1 0

『ダウンレンジ』とは

日本では『VERSUS』や実写版『ルパン三世』の監督を務め、ハリウッドでも『ミッドナイト・ミート・トレイン』や『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』などで知られる日本人監督・北村龍平が監督と製作を務めたシチュエーション・スリラー作品。山の中で正体のわからない何者かに命を狙われる6人の若者たちが、その“何者か”から生き延びようとする姿を描く。 本作は、トロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門や釜山映画祭など、世界各国の映画祭で上映された。

『ダウンレンジ』のあらすじ

大学生の男女6名が乗った車が山道を走行中、タイヤがパンクし、停まってしまう。一人の学生がタイヤを交換するために車を降り、パンクしたタイヤを取り外すと、カランという音とともに、つぶれた一発の銃弾が地面に落ちる。その学生がタイヤが銃撃によってパンクさせられたことに気付くと同時に、ドスンという銃声が鳴り響く。 他の5名の学生たちはタイヤの修理中、日陰になっている車の反対側で休憩していた。彼らが突然の銃声に驚いて振り返ると、修理のために外されたタイヤが遠くへ転がっていくのが見える。何事かと車のタイヤがパンクした側へ回ってみると、そこには先程、修理のために車を降りた学生が額に銃撃を受けて倒れていた。それと同時に、突然彼らに向かって銃撃が始まる。慌てて車の反対側へ隠れるが、銃撃をしてくる相手の姿も、発する音もなにも確認できない。果たして若者たちはこの正体不明の狙撃手から逃れることができるのか……。

『ダウンレンジ』のスタッフ・キャスト

『ダウンレンジ』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2020年9月27日

    ハリウッドで活躍する北村龍平監督がようやく最も得意なステージに戻ってきたようだ。タイヤがパンクし田舎道で立ち往生した車から出てきた複数人の若者を、超遠距離からスナイパーが狙撃するのだ。理由なく襲いかかるスナイパーによって、空間的な広さにも関わらずソリッドシチュエーション的な閉塞感と緊張感が味わえる。『ALONE/アローン』を思い出した。残酷描写の思い切りの良さも好印象であり、かなり面白い。

『ダウンレンジ』に関連する作品