ブレイン・ゲーム

ブレイン・ゲーム

Solace
2015年製作 アメリカ 101分 2018年10月6日上映
rating 3 3
9 2

『ブレイン・ゲーム』とは

未来を予知することができる元医師と、彼以上の予知能力を有する殺人事件の容疑者が繰り広げる頭脳戦を描いたサスペンス映画。監督を務めたのは、ブラジル出身のアルフォンソ・ポヤート。 本作の主人公となるジョン・クランシー博士を演じたのは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』、『ノア 約束の舟』などに出演してきたアンソニー・ホプキンス。彼と対決する容疑者役には、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などのコリン・ファレルが起用された。

『ブレイン・ゲーム』のあらすじ

娘を亡くしたことがきっかけで隠遁生活を送っていたジョン・クランシー博士のもとに、FBI捜査官が事件解決のために助力してほしいとやって来る。ジョンは未来を予知する能力を持っており、その力が行き詰まった捜査の助けになるだろうと考えたからだ。 事件現場に急行しジョンが遺体に触れてみると、ある男の姿が見えた。そして現場には、彼らがやって来たのとぴったり同じ時刻が先んじて書き残されてあったのだ。容疑者は自分と同じ予知能力を持っていると感じたジョン。捜査官を伴い容疑者を追い詰めようと奮闘するが、制止を聞かない仲間たちは張り巡らされた罠にかかっていく。

『ブレイン・ゲーム』のスタッフ・キャスト

『ブレイン・ゲーム』の感想・評価・ネタバレ

  • U2

    アンソニーホプキンス版のサイコメトラーEIJI。 テンポも演出も良いので最後まで楽しめる。前半ジェフリー・ディーン・モーガンが好演。 コリンファレルのキャスティングが良かったのか悪かったのか分からない。

  • ururin
    ururin 4 4月26日

    やがて訪れる苦しむ死について、考えさせられた。

『ブレイン・ゲーム』に関連する作品