search サーチ
search サーチ
Searching
2018年製作 アメリカ 101分 2018年10月26日上映
rating 4 4
28 9

『search サーチ』の感想・評価・ネタバレ

  • S_Kyawai
    S_Kyawai 3 2021年6月3日

    今ドキの映画。 観客は最初から最後までPC画面を見ているという、斬新な構成。 行方不明となった娘の手がかりを探すために、父親が娘のSNSなどのネット情報を追跡し、事件解決に奔走する。 投稿写真や動画、プロフ用アイコンなど、個人情報って結構簡単に手に入るし、騙そうと思えばどうとでもなるんだな。と改めてネットリテラシーの重要性について考えた。 父親のサーチ能力が探偵顔負けの腕前で、よくそんなとこに気づいたなぁとちょっとご都合主義な感じもなくはなかったけど、ストーリーもしっかりサスペンスで面白かった。 Netflixにて。

  • けんしろー
    けんしろー 4 2020年9月14日

    この手法は新しい。 めちゃめちゃ面白かった。 2転3転と進んでいく感じがなんともいい!

  • naho

    途中途中少し引っかかるけど 他に集中してるうちに忘れるっていうのを 繰り返して繰り返して 最後にあーーーそうだよね! たしかにその節あったよね。ってなる。 お父さんすごい。 途中冷静になって〜〜って嫌になるけど お父さん本当に素晴らしい。 そしてこれを作った監督が28歳と聞き これまた本当にすごい。 あんな狭い画面の中でも背筋が伸びる しっかりしたサスペンスでした。

  • Minori

    #ネタバレ まずなによりマーゴットが生きてて良かった サスペンスによくあるような、トラック解説の雑さはなくて、スピード感はあるのにひとつひとつ丁寧だった 葬儀屋のお礼のページ見たとき、本当に鳥肌たった(結局ただのモデルだったけど) SNSで急に友達づらすんのすごい嫌

  • さよ(*´ω`*)
    さよ(*´ω`*) 4 2019年4月30日

    色々考えられて中々見ごたえがありました。 昨日観たスマホを〜の邦画よりストーリーが細かくて、かつ見せ方も良かった。パパが文章打ち直したり。 ただ良い映画だからこそ伏線を全部拾いたいのに英語だからわからなくて悲しい。訳されていないところも知りたい!ってなる。

  • sykst

    うわぁぁぁ!これはすごい!!画面の作りも、ストーリーもめちゃくちゃ満足度高い!

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2018年12月22日

    まず、まさかのwindows??と驚いたけど、そこは巧いツカミだった。家族の出来事はすべてPCの中、家族の変化と共にPCツールも変わる。こうして馴染んできただけに、行方不明の娘をPCで捜索する父に違和感はなく。その探偵&追跡ぶりは細部までリアル。各種SNSにFaceTimeやメッセンジャー、YouCastなるライヴ配信はまあわかるが、電話番号検索や葬儀中継まであるとは。POV映画のようにPC画面だけでどこまで行けるかと、その意味でもハラハラしたが、父親視点以外も盛り込んで案外範囲が広かった。そうかそれもアリか。少々強引な気もしなくはないが、伏線や意外性はよく練られていて、ミステリーとして充分よく出来ていた。ラストに主観の反転も巧い。 でも全編PC画面という新機軸は、結果としてとても演劇的なスタイルだった。予め制約ある舞台ならではの演出を、何でも出来るはずの映画に持ち込んだというか、むしろ舞台でなら既にあるというか。ともあれ基本的にジョン・チョウの一人芝居を観るのに等しい感覚。但しPC画面自体への演出が効果的でもあり、立派な「共演俳優」である。書いては消されるテキスト、複数開かれたタブ、重なり合うウィンドウが多くを物語るのだ。こんなに「click が 芝居する」のは新しいかも。

  • mi movie
    mi movie 0 2018年11月8日

    観終わった後の動悸がおさまらない。 知らないうちに近くに散りばめられていた伏線の数々を拾い集め、作り手がつくったネットワークを「サーチ」している自分がいた。 ゾクゾクするけど、ホッとするようなおかしな感覚にさせられる。 好き。

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2018年11月4日

    娘が友達の家で勉強をすると言ったまま、行方不明に。父はPCを使って娘の情報を集め始めるが、徐々に知らなかった娘の姿が明らかになる…。 わー、完全に好きな映画です。こういう映画、映画を見始めの頃に観ていたら思い切りよく星5とかにしていたんだろうなあ。PCの画面(時々ルールが曖昧になってるけど、そこはご愛嬌。許してやったらどうや)の中だけでまとまってしまうサスペンスな展開の数々。娘が消えてしまったことで、父親が想像するあんなこと、こんなことを予感させる証拠が次々と上がり、観ている方も「ああ、この映画はこういうことか」とすっかり予想させてしまいます。その後に捻り、ミスリードだったことが明かされます。わー、面白い。映画に転がされました。多分、この映画僕の理解の範疇を超えたところでも気を払っていて、例えばミスリードかのように見せかけたアイテムも配置されていると思うんです。それらの気遣いのおかげで、なかなか黒幕が見え辛くなっている。面白い映画でした。 『アンフレンデッド』の二番煎じかよ、と思ったのですが、『アンフレンデッド』よりも展開が多く見応え十分。ただPCの使い方は『アンフレンデッド』の勝ち。PC画面内でフォーカスしちゃうのはずるいよね。

  • flowermurmur
    flowermurmur 4 2018年11月2日

    2時間スクリーンに映るのはPC画面だけという信じられないような映画なんだけど、ちゃんと成り立つんだわなあ。娘が行方不明になって必死で捜す父親に残された手掛かりはインターネットだけ。面白いけどSNSやってない人は絶対についていけない内容。観る人選ぶ映画。