宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」

2018年製作 日本 2018年11月2日上映
rating 3 3
1 0

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」』とは

今も色褪せることのないアニメーション界の普及の名作「宇宙戦艦ヤマト」のリメイク版。本作は『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編であり、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第19話から第22話までの4話で構成されている。監督は、『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』においてアニメーションディレクターを担当し、「ブレイク ブレイド」シリーズや「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」を引き続き手掛けてきた羽原信義。音楽を担当するのは、TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の音楽を担当した宮川泰の息子であり、ヤマトの遺伝子を受け継ぐ宮川彬良。そして、製作総指揮を務めるのは、西崎彰司。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」』のあらすじ

すでに撃沈したヤマト。圧倒的な数を誇るガトランティスの前に、地球はもはや万策尽き、為す術を失ったかに見えた……。そんな時、ヤマトの意志を受け継ぐヤマト級“銀河”が、以前地球と戦っていたガミラスの大艦隊とともに出撃する。圧倒的な数のガトランティスに対して、地球とガミラスの連合艦隊は時間断層工場をフル稼働して抗戦体勢を取る。それは、ガトランティス対連合艦隊の力と力による終わることのない消耗戦……。そして、人口知能が作り上げた非情な計画を遂行するため、加藤のブラックバードが飛び立つ。“銀河”が出撃した本当の意味、人類の生き残りを懸けた「G計画」とは……!?

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」』のスタッフ・キャスト

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」』に関連する作品