K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」

K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」

2018年製作 日本 2018年11月3日上映
rating 4.5 4.5
1 0

『K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」』とは

特殊な能力を持つ7人の王による闘いを描いた人気アニメ『K』の小説などに収録されているストーリーを“K SEVEN STORIES”プロジェクトとしてアニメ化。本作は、そのプロジェクトのエピソード5である。覆面作家集団GoRAが原作を手掛け、彼らとタッグを組みアニメーション制作を担当するのはGoHandsである。監督は、「K SEVEN STORIES」シリーズを手掛けてきた鈴木信吾。鈴木監督は、他にも「マルドゥック・スクランブル」シリーズで総作画監督を担当した。

『K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」』のあらすじ

12月、吠舞羅のメンバーたちは、組織で唯一の女性である櫛名アンナの誕生日に向けて、彼女を祝うため着々と準備を進めていた。しかしそんな中、裏で不穏な動きをする者がいた。新たに誕生した第7王権者“無色の王”である。“無色の王”は、強大な力と破壊衝動を持つ第3王権者“赤の王”である周防をいつも自制させてきた、吠舞羅のムードメーカー・十束に目を付ける。アンナの誕生日の前夜、十束は夜景を撮るために屋上へ登る。しかし、十束はそこで“無色の王”と出会う。そこで彼は“無色の王”から銃弾を撃ち込まれてしまうのだった……。

『K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」』のスタッフ・キャスト

『K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」』に関連する作品