サクらんぼの恋

サクらんぼの恋

2018年製作 日本 117分 2018年10月27日上映
rating 0 -
0 0

『サクらんぼの恋』とは

『武士道シックスティーン』や『無花果の森』などで知られる古厩智之が監督を務めたラブストーリー。冴えない中年男性と美人AV女優とのピュアな恋の形を描く。 主人公の山川則夫を演じるお笑い芸人の宮川大輔は、本作が自身初の主演映画となる。相手役のAV女優・恩田リオを『過激派オペラ』や『娼年』で知られる女優・桜井ユキが演じ、リオの弟役を男性音楽グループ・超特急の草川拓弥が演じる。主題歌は人気音楽ユニットのスキマスイッチが担当する。

『サクらんぼの恋』のあらすじ

山川則夫は、45歳で結婚もしておらず、女性と体の関係を持ったことが一度もない。ファミリーレストランの一店舗の店長として勤務しているが、気弱な性格のため、部下であるはずのアルバイト従業員からも見下され、客に誤ってばかりのみじめな毎日を過ごしていた。そんな彼の唯一の趣味は、好きなアイドルの追っかけとゲームをプレイすることだけで、憧れのAV女優・恩田リオの出演する作品を見ることを日課にしていた。 ある日、則夫が自室で友人と過ごしていたところに、白いバスローブを身に着けた若い女性がいきなり飛び込んでくる。その女性は、則夫の憧れのAV女優・恩田リオであった。彼女は、「隣の部屋でAVの撮影をしていたが、約束と違うところがあったので逃げてきた。少しだけ隠れさせてほしい」と則夫に告げる。則夫は、大好きな恩田リオを目の前にして、彼女のことを知らない振りをすることにするのだが……。

『サクらんぼの恋』のスタッフ・キャスト

『サクらんぼの恋』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『サクらんぼの恋』に関連する作品