ジェノサイド・ホテル

ジェノサイド・ホテル

One Less God
2017年製作 オーストラリア・ネパール 128分 2018年10月13日上映
rating 0 -
0 1

『ジェノサイド・ホテル』とは

オーストラリア出身のリアム・ワーシントンが2008年にムンバイで実際に起こった同時多発テロを題材にして制作した、オーストラリアとネパールの合同製作映画。テロリストに占領された高級ホテルに取り残された客たちが、テロリストから身を隠しながら、生き残りをかけて必死に戦う姿を描く。 2014年から続けて開催されている、世界中から集めた刺激的な映画を上映する映画イベント「ワールド・エクストリーム・シネマ2018」の上映作品。

『ジェノサイド・ホテル』のあらすじ

2008年11月、イスラム過激派の武装勢力がパキスタンからインド最大の都市であるムンバイに上陸した。彼らの一番の標的は、ムンバイの象徴でもある高級ホテル、タージマハル・ホテルであった。彼らは短時間のうちにホテルを占領し、ホテル内はパニックに陥る。このテロ事件は、タージマハル・ホテルだけでなく、他の複数の場所でも発生していた。 突然勃発した重大事件に、インド当局も混乱に陥り統制を取れずにいたため、宿泊客達は当局が踏み込むまでの数日間、絶望的状況のホテルに取り残されることとなってしまった。彼らは、テロリストたちの目を掻い潜り、自分の命を守るため、生き残りをかけて決死の戦いを見せるのだが……。

『ジェノサイド・ホテル』のスタッフ・キャスト

『ジェノサイド・ホテル』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ジェノサイド・ホテル』に関連する作品