ブルー・マインド

ブルー・マインド

Blue My Mind
2017年製作 スイス 101分 2018年10月13日上映
rating 0 -
0 3

『ブルー・マインド』とは

スイス人女優のリサ・ブリュールマンが、自身初の長編作品として手掛けたホラー映画。15歳の少女が、彼女の身に何の前触れもなく発生した変異に抗おうとするも、自らに迫りくる大きな運命の波に逆らえない姿を描く。 本作は、2018年のスイスの映画賞において、作品賞・主演女優賞・助演賞・脚本賞・撮影賞・編集賞・作曲賞の7つもの部門でノミネートされ、作品賞・主演女優賞・脚本賞を獲得した。また、スペインのサンセバスチャンで開催された国際映画祭やアメリカで開催されたファンタスティック・フェストなど、数々の映画祭に出品されている。

『ブルー・マインド』のあらすじ

夏休みを目前に控えたある日、15歳の少女・ミアは家族と共にチューリッヒのはずれの地へと家を移す。ミアは長い間、両親の彼女に対する態度に違和感を覚えていた。彼らは、血のつながった娘であるはずの自分に対して、どこか他人行儀でよそよそしいのだ。そんな両親の態度から感じる違和感に限界を覚えたミアは、母親に自分は血のつながった家族ではないのではないかと質問してみるも、母親は怒りを表すだけで、何も教えてはくれなかった。 ミアは、自らを取り巻く様々な問題に対応する手段として、荒れた生活を送るようになる。そんな時、ミアの体が突然変異し始める。はじめは影響も全くと言っていいほどなかったが、だんだんと変化が大きくなり、ミアの精神を蝕み始める。当惑したミアは様々な方法でこの変化を止めようと試みるが、やがて大いなる運命の波に飲み込まれていく……。

『ブルー・マインド』のスタッフ・キャスト

『ブルー・マインド』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ブルー・マインド』に関連する作品