インビジブル 暗殺の旋律を弾く女

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女

In Darkness
2018年製作 イギリス・アメリカ 101分 2018年9月15日上映
rating 0 -
0 0

『インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』とは

"主演を務めたナタリー・ドーマーの夫であるアンソニー・バーンが手掛けたサスペンス映画。とある殺し屋が、ある盲目の女性と自分の暗殺の後始末のために関わったことから、大いなる事件に巻き込まれていく様を描く。 主役のソフィアを演じる人気女優ナタリー・ドーマーの他、2015年公開の『トランスポーター イグニション』や2016年公開の『デッドプール』に出演したエド・スクレイン、2014年公開の『ゴーン・ガール』で知られるエミリー・ラタコウスキーらが出演する。"

『インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』のあらすじ

殺し屋のマークは標的を始末するためにあるアパートへ赴く。この標的とは、ヨーロッパの裏社会で暗躍する人物・ラディチの娘であるベロニクであった。マークはベロニクを自室から転落死させ、自殺に見せかける。事件を受けて捜査を始めた警察も自殺の線で捜査をしており、暗殺は成功したかに思われた。しかし、ベロニク殺害時に下の階にはソフィアというピアニストの女性がおり、ソフィアがベロニク殺害を目撃している可能性があったのだ。マークは目撃者であるソフィアを始末するために彼女の見張りを始めるが、ソフィアは目が見えず、そもそも事件の目撃自体が不可能であることが判明する。さらに、ロシアのマフィアやイギリスの情報局もソフィアのことを追っていることが判明し……。

『インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』のスタッフ・キャスト

『インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』に関連する作品