第三世代

第三世代

Die dritte Generation
1979年製作 西ドイツ 109分 2018年10月27日上映
rating 0 -
1 0

『第三世代』とは

ニュー・ジャーマン・シネマの鬼才と称されたライナー・ベルナー・ファスビンダー監督が1979年に制作した作品。ファスビンダー監督は、1982年に薬物の過剰摂取で死亡するまでに16年間で44本の作品を制作した。 革命のためでなく、ただスリルを追い求める第三世代のテロリストたち。コンピュータを販売する企業家が彼らを利用することを思い立ち、その挑発に乗って誘拐事件を起こす。 出演は、『シナのルーレット』、『13回の新月のある年に』のフォルカー・シュペングラー、『ダニエル・シュミット 思考する猫』、『ミモザの島に消えた母』のビュル・オジエ、『ファウスト』、『そして、私たちは愛に帰る』のハンナ・シグラ。

『第三世代』のあらすじ

1970年代後半のベルリン。理想や信念を掲げて革命を起こそうとした第一世代、第一世代から影響を受けて行動した第二世代の後に、理念も持たずに目先のスリルを味わうためだけに存在する第三世代のテロリストたちが存在した。 企業家であるP・J・ルーツは、コンピュータ販売向上のために、一案を練る。この街にテロ事件が勃発すれば、警察が捜査のためにコンピュータを購入するだろうと考えたのだった。ルーツの下で働くズザンネは夫のエドガーと共にテロを計画する組織に属していた。その組織のリーダーの男はルーツとも警察とも付き合いがあり、ルーツの計画に煽られて誘拐事件を起こす。

『第三世代』のスタッフ・キャスト

『第三世代』の感想・評価・ネタバレ

『第三世代』に関連する作品