釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束

2007年製作 日本 114分 2007年9月8日上映
rating 2.5 2.5
7 0

『釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束』とは

第1作目(1988年)から20年目を迎え、さらに通算20作品目となる大人気シリーズ。本作で前作までのゲスト中心のエピソードから、当初のハマちゃんとスーさんの活躍を描くかたちに原点復帰となる。 お馴染み「釣りバカ」メンバーの西田敏行、三國連太郎、浅田美代子、谷敬らをはじめ、メインゲストに宝塚歌劇団出身で『武士の一分』で映画デビューした檀れいを迎えた。また、高嶋政伸、星由里子、石田靖、小沢昭一ら豪華俳優陣が共演した。

『釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束』のあらすじ

スーさんこと鈴木建設の社長鈴木一之助(三國連太郎)は、この度めでたく会長へと就任することになった。ところがその数日後、スーさんが行方不明になったという知らせが会社に届く。新社長の堀田(鶴田忍)ら重役たちは大騒ぎ。そこで、スーさんの妻・久江(奈良岡朋子)に頼まれハマちゃんこと浜崎伝助(西田敏行)は、会社を休んで捜索をすることに。ハマちゃんは少ない手がかりをもとに、岡山県に向かった。 辿り着いた先は海に望む寺で、そこには大黒の温子(星由里子)と娘・珠恵(檀れい)と一緒にいるスーさんが居た。寺の境内から見える海岸では、リゾート開発計画が進行していると言う。しかし、珠恵や恋人の昌平(高嶋政伸)ら町の人々は自然を守ろうと反対運動を起こしていた。ところが、そのリゾート開発を請け負っているゼネコンというのが鈴木建設だったのだ......。

『釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束』のスタッフ・キャスト

『釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束』の感想・評価・ネタバレ

『釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束』に関連する作品