ザ・ストレンジ・シング・アバウト・ザ・ジョンソンズ (原題)

ザ・ストレンジ・シング・アバウト・ザ・ジョンソンズ (原題)

The Strange Thing About The Johnsons
2011年製作 アゼルバイジャン・アメリカ 28分
rating 3.5 3.5
1 0

『ザ・ストレンジ・シング・アバウト・ザ・ジョンソンズ (原題)』のスタッフ・キャスト

『ザ・ストレンジ・シング・アバウト・ザ・ジョンソンズ (原題)』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2018年12月2日

    父親がノックをせずに息子の部屋に入ると息子は自家発電中。誰にでもあるのだよ、と諭し父親は部屋を後にする。安堵した息子が握っていたのは、父親の写真だった。 『ヘレディタリー継承』でむちゃくちゃな才能を発揮したアリ・アスター監督。長編デビューとのことで、少し調べてみると短編は撮っていたようで本作もその一つ。ホラーな物語ではないのですが、とにかくホラーで味付けがなされており超絶怖い。扉をゆっくりと開けたり、扉の奥に立ってみたり、扉をガタガタと揺らしてみたり。扉のホラー演出だけでもこれだけ楽しいことができるんですね。『ヘレディタリー/継承』でも出てきた暖炉ですが、本作でもオチのアイテムとして利用されていました。暖炉というよりも炎か。炎タイプのホラー監督なんですね。

『ザ・ストレンジ・シング・アバウト・ザ・ジョンソンズ (原題)』に関連する作品