甦れ!ウルトラマン

甦れ!ウルトラマン

1996年製作 日本 23分 1996年3月9日上映
rating 0 -
0 0

『甦れ!ウルトラマン』とは

本作品は『ウルトラマンゼアス』、『ウルトラマンカンパニー』と共に「ウルトラマン ワンダフルワールド」として上映された1本。ウルトラマン生誕30周年を記念して製作された。映画は過去の映像をつなぎ合わせて作られたものだが、それに俳優本人によるアフレコを当てている。岩本博士を演じる平田昭彦は既に亡くなっていたことから画面に登場するのみであった。ウルトラマンの最終話から派生したストーリー展開となっているが、ところどころテレビシリーズとは違う箇所も見受けられるので、また別のストーリーとして楽しむことができる。

『甦れ!ウルトラマン』のあらすじ

宇宙恐竜ゼットンとの闘いで心にも傷を負ったウルトラマンはスランプに陥っていた。科学特捜隊は現れる怪獣たちすべてを見事退治し、向かうところ敵なしの状況。追い打ちをかけるかのようにアラシ隊員の「もうウルトラマンはアテにしなくていいよ。」という言葉を偶然聞いてしまい、ますます自分の存在意義について考えてしまうハヤタ隊員。そんなある日、ハヤタは怪獣総攻撃を予知するが、それを言い出せば自分がウルトラマンであることがばれてしまうため言い出せない。もんもんと悩んでいるうちに謎の円盤軍が襲来する。科学捜査隊は円盤軍退治のため出動するが、それは謎の宇宙人による罠だった…。

『甦れ!ウルトラマン』のスタッフ・キャスト

『甦れ!ウルトラマン』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『甦れ!ウルトラマン』に関連する作品