アテルイ

アテルイ

2002年製作 日本 93分 2002年12月2日上映
rating 0 -
0 0

『アテルイ』とは

アテルイの没後1200年目である2002年に岩手県で製作し、公開された長編アニメーション。岩手の文化創造運動の一環であった。 声の出演に、歌手・俳優の大友康平、『薄桜鬼』の桑島法子、『テガミバチ REVERSE』の日下ちひろなど、岩手県に縁のある俳優・声優を多く起用している。また、主題歌も大友康平が歌う。 監督は劇場アニメ『巨人の星』でも監督を務めた出崎哲。 脚本に『新オバケのQ太郎』脚本の鈴木良武など。

『アテルイ』のあらすじ

東京から岩手へ転校してきた小学生・飛人は、登校初日から学校へ行くことができなかった。飛人は東京の学校でいじめられており、岩手の新しい学校でもいじめられるのではと恐れたからだ。いやいや学校へ行くものの、耐えきれず学校からも両親から逃げだした飛人は事故で北上川に落ちてしまう。 飛人が目を覚ますと、そこは1200年前の世界だった。 林でイノシシに襲われてしまったところを、アテルイという青年に助けてもらった飛人。 アテルイはエミシの族長であり、帰る家もない飛人を自分の村へ連れて行くことにした。 アテルイの村で暮らし、エミシの生活に馴染み始めた飛人は、徐々に大和朝廷との争いに飲み込まれていく。

『アテルイ』のスタッフ・キャスト

『アテルイ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『アテルイ』に関連する作品