喜劇 駅前飯店

喜劇 駅前飯店

1962年製作 日本 95分 1962年12月23日上映
rating 0 -
0 0

『喜劇 駅前飯店』とは

「喜劇 駅前」シリーズ第5弾。神奈川県の中華街を舞台としている。そのため、男性レギュラーメンバーは中国人という設定。監督は前作『喜劇 駅前温泉』に続き久松静児。脚本も前作に続き長瀬喜伴が担当。舞台がラーメン屋という事もあり、エースコック株式会社とタイアップした作品。劇中では「エースコックワンタン」をお菓子のようにポリポリ食べるシーンがあったり、周役のフランキー堺が「エースコックワンタン」を食べようとするときにCMソングを口ずさむという演出もある。また後に「世界の王」と呼ばれる王貞治選手がこの年初めてホームラン王となり、本人役で出演していている。

『喜劇 駅前飯店』のあらすじ

女たらしのコック徳清波、横浜中華街で中華料理屋を経営している孫五林、不動産屋に勤める周四方は仲良し三人組。周は父親の遺産で徳、孫と組んで共同で駅前飯店を始めようと考えた。周は孫から紹介を受けた占い師紅生姜の元を訪ね駅前飯店の経営について相談を持ち掛けた。しかし易占いの結果は芳しくない。友達には気をつけろ、というのだ。仕方なく周は孫や徳と駅前飯店の共同経営の話をあきらめる決心をする。この一件を境に周と徳の仲は次第に険悪になっていく。しかし紅生姜に易占いをさせ、悪い結果を言わせていたのは紅生姜の旦那で悪質な土地ブローカーの林であった。

『喜劇 駅前飯店』のスタッフ・キャスト

『喜劇 駅前飯店』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『喜劇 駅前飯店』に関連する作品